« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.03

夏は札幌

いよいよ7月。今年も後半に入ってしまいました。これから先、東京は都市の熱で夜も段々と温度が下がらなくなって、熱帯になってしまいます。夏は涼しい北海道・冬は暖かい沖縄。そんな生活を目指して、今はじっと東京の暑さを耐えています。

食べ物も美味しい札幌は favorite city です。

Dscf0178_1

新千歳空港はとっても明るくて、開放的。いろんなかたちの飛行機が空港内に展示されていて、これをみているだけでも楽しい時間をすごせます。

Dscf0173

北海道の空は、東京に比べてずっと遠くまで透き通っています。空港から札幌へ向かう途中の電車からでも、こんなにきれいな青空を楽しめます。新千歳空港から、JRの快速電車に乗ると40分足らずで札幌駅。このアクセスのよさも重要。300円の追加料金を払えば、Uシートもゲットできますが、空港から乗るならその必要はないかな。ほとんどの場合しっかり座れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

札幌駅の大丸

札幌駅はすっかりリニューアルされています。JRタワーのJALホテルにパセオのショッピングモール。でもなんといっても一番のお気に入りは、大丸デパートです。といっても、もっぱら地下の食料品売り場。以前はミクニのイート・イン・コーナーでテイクアウト用のお惣菜を売ってました。デパ地下のお惣菜は、意外と北海道産の食材にこだわったものが少ないのですが、ここのお惣菜はしっかりとしたこだわりがあって、お気に入りでした。残念ながら今は、もっぱらケーキ・パンだけの販売になってしまって、あの道産食材を使ったお惣菜は幻になってしまいました。また、復活してー!!

お菓子屋さんも充実しています。もちろん定番、六花亭にロイズやルタオはしっかりとあります。が、ここでのお気に入りは、きのとやさんです。なぜなら、ここのパッケージががとっても素敵なんです。デザイナーは札幌で活躍中の佐々木小世里さん。パッケージはついこの前、リニューアルされたばかりです。北海道のお土産にはお勧めです。

ちなみに、大丸地下のきのとやさんはカフェになっていて、そこはミニ・ギャラリーでもあります。6月末まで佐々木小世里さんの展示をやっていたようです。彼女は観ているだけで元気が出てくるような、イラストを描いていらっしゃいます。(http://www7.plala.or.jp/koyori/

F0022330_1040183

きのとやcafeの展示(佐々木小世里さんのHPより)

それから、大丸で忘れてはいけないのが8階のレストラン街の中にあるおすし屋さん。すし善。もちろんこのお店は、東京カレッタ汐留にも出展しているような有名店ですが、大丸店は駅上ですごく便利。デパートの中の割にはわりと静かで、ちゃんとカウンター席もあります。札幌についてすぐ、北海道のおすしを味わうことができて、感激です。ただし、昼時はいつもお客さんが並んでいるのがたまにキズ。少し前に電話で予約しておくほうがいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.05

札幌の緑とひかり

札幌にはたくさんの緑があって、それがまた気持ちがいいんです。札幌駅を出て、すこし南に歩いていくと右側に旧道庁。周りは緑にあふれています。建物自体も開拓使時代の建物がそのまま残っているようで、古い硝子から入ってくる光は、とてもきれいです。

Imag0459

そこから、もう少し南にいくと東西にながーく伸びている大通り公園。ここは本当に市民の憩いの場って感じです。いつもたくさんの子供たちと、それを見守るお母さんたちで公園は活気にあふれています。イサム・ノグチの滑り台なんかもさりげなく置かれてたり。真夏には噴水の中で水浸しになりながら、おおはしゃぎの子供たちを見た時には、こちらまで楽しい気分になりました。思わず童心に戻って、水の中に入ったりして。何時間でもすごすことができます。

Dscf0161

この公園の西の端、札幌市資料館には、おおば比呂司記念室があり、いつも無料で楽しんでます。おおば比呂司さんの飛行機&食べ物に関する興味の深さが、自分自身と重なってくるようです。残念ながら現在休室中ですが、11月くらいにはリニューアルして再オープンされそうで、今から楽しみです。

Shiryokan2

この大通り公園。夏になるとたくさんのビール屋台が端から端まで集結して、大変な賑わい。北海道の人は、やはり短い夏を精一杯、屋外の緑と空気の中で味あおうとしてる。一瞬を楽しむ、その気持ちを少しおすそ分をしてもらって、やっぱり1杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.06

札幌 中島公園とその周辺

札幌の中心部の公園でもう1つ好きなのが中島公園。すすきのをこえてさらに南に歩いていきます。大きな池とたくさんの緑に囲まれてたき持ちのいいところ。開拓使時代の建物豊平館や日本庭園も素敵。一番南の端には、川遊び場があって、周りも静かですっかり和んでしまいます。近所の子供たちが遊んでいる声が聞こえてきます。中島公園を紹介しているHPを見つけました。(http://joyfulclub.hp.infoseek.co.jp/kamoasobi.htm

Dscf0171

池の周りには鴨も散策中です。

近くにはKITA HOTELという、ちょい昔めのおしゃれ系ホテルがあります。建物・設備は少し古びてきてるけど、おおきなパティオつきの部屋があって、パティオで北海道の空気を吸い込みながら、透き通った空を眺めながらワインを飲んだりすると、あっという間に気持ちはどこかへいってしまいます・・・

Room_ph

(KITA HOTELのHPより)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.10

北海道-とかち-六花亭と美術村

東京があまりに蒸し暑いので、週末北海道 帯広に行ってきました。梅雨のない北海道とはいえ、お天気を心配していましたが、とかち帯広空港に着いたときは曇り。東京とは打って変わって、少し肌寒いような陽気です。

空港からレンタカーで一路南へ。空港を出ると、もうそこは麦畑が一面に広がる風景。いかにも北海道です。まずは空港近くの中札内美術村へ立ち寄ることにしました。

Imag0668_1

ここは、北海道のお菓子としては第一級メジャーどころの六花亭が経営するところで、広い敷地の中に美術館・レストラン・売店などが点在しています。観光地につき物の変な看板やのぼりなどが全くなく、目に優しい北海道の風景を楽しむことができます。あまり期待もせず、ふらりと立ち寄った場所としては大ヒットです。天気も急速に好転してきています。朝食をとってなかったので、木立のなかのレストラン ホロシリでブランチにすることにししました。ルッコラ・サラダとねぎのたくさん乗った豚シャブ、ざるに入った豆腐にコロッケ。素材はすべて中札内村のものを使用しているそうです。

Imag0674

まだ開店少し前だったにもかかわらず、お願いしたら快く用意してくださったスタッフの方々には感謝です。他の六花亭の店舗でも思うのですが、その社員教育のすばらしさを感じます。やはり、その地域のNO.1としての矜持なんでしょう。

Imag0678

別の食事処、花六亭には日本で唯一、無殺菌牛乳をだしている中札内村レディス・ファームの牛乳を使ったソフトクリームもあり。牛乳フェチには見逃せません。まえは無殺菌牛乳もおいてあったそうですが、値段などが折り合わず、最近は販売していないとのこと。少し残念です。いずれにしろ、どちらのレストランも、なかなか良心的な値段設定です。

Imag0681

Imag0684

広場にはいろんなかたちのイスが置いてあって、座って遊べます。

最後に売店で、六花亭の他のお店では手に入らない、中札内美術村限定のどんぐりの形をしたチョコレートのお菓子をゲットして、ここを後にしました。(http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.11

北海道-ひだか-えりも岬へ

帯広から南東へ向かって、途中ナウマン象と戯れ、スペースシャトルの模型を横目に見ながら、車は海岸線へと向かいます。ここの海岸、黄金海岸と呼ばれている風光明媚な地域です。残念ながら本物の黄金には出会えませんでしたが、打ち寄せる波ときれいな青空に包まれた快適なドライブです。

Imag0691

途中フンベの滝で一休み。地下水が岩の割れ目から湧き出して滝になってます。冬は凍結するそうです。ちなみにフンベとは鯨の打ち上げられる浜辺という意味のアイヌ語だそうです。

Imag0690

さらに海岸沿いを進むと、十勝地方から日高地方へ。そして今回の目的地、襟裳岬に到着です。今まで何度も北海道に足を運んでいますが、ここは初めて。相当にうら淋しいところと期待していました。が、天気も良かったせいか、意外に明るい。風もほどほど。半そででは少し寒いけど、セーターでは暑いかなってくらい。観光客もちらほら。んー、期待していたものとは少しだけ違いましたが、でも、ここは襟裳岬。期待通りに、森進一のあの歌があたり全体に響いていました。岬に向かう道々、つい歌を口ずさんでしまう自分がいます。「北の街ではもうおー、悲しみをだんろーに・・・・」

Imag0694

遠くには、アザラシもいたみたいですが、残念ながら肉眼では確認できず。でも、岬にくるといつも良くここまで来たなーっというわけのわからない達成感が、いつもむずむず湧いてきます。

Imag0702

心地よい(?)達成感を胸に、いざ宿へ。今日はえりも町の田中屋旅館です。お風呂はドイツバーデンバーデンで有名なトロン温泉。かなり熱めのお湯で、もう身体全体がホカホカ。風呂から上がると、お楽しみの夕食。今日は貝尽くし。ホッキにツブ、ホタテなどほんとに貝ばかりがならんでます。おさけの料金も、とってもリーズナブル。大満足です。

Imag0707

宿の設備は、まぁ、なんというか・・・・ 典型的な感じです・・・・ ちなみに、えりも町の雰囲気も、どこか厚岸にも似て、寂しげな雰囲気でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.12

北海道-天馬街道をぬけて帯広へ

翌朝は、あいにくの曇り空。天気予報によれば、もう少し北に上がれば晴れてくるとのこと。今日は、昨日とは別の道を通って帯広に向かいます。

今回通る道は山間を抜けていく天馬街道。その名の示すとおり、道の両側にはたくさんのサラブレッドの牧場が。有名なシンザン(古い!)やティーエムオペラオーもこのあたりの出身だそうです。道路標識にも、「馬横断注意」の注意書きが。牧場に馬を見つけるとついつい立ち止まってしまいます。

Imag0712

天馬街道を進むうちに、空模様もめまぐるしく変わっていきます。曇りから晴れ、そして雨が降ったり。途中トイレ休憩によった翠明橋手前の公園で、湧水を発見。日高山脈で何年もかけて濾過されてきた、冷たくて甘い水でのどを潤します。偶然の発見に思わずラッキー!

Imag0714

空もだいぶ晴れてきました。4キロ以上のながーい野塚トンネルを抜けて、いざ帯広市内へ。車を返却して、街をぶらぶらしていると、中心地の藤丸デパート周辺が歩行者天国になっています。屋台がでていたりバンドの演奏があったりで、お祭りのようです。道路に置かれたテーブルとイスに陣取って、帯広名物のブタ丼をほおばり、とうきび片手に地ビールを楽しみます。

食事の後は、帯広では定番の六花亭本店へ。こことあといくつかの店舗でした買えない、生ケーキを入手。その値段1個百何十円!!驚きの安さです。そのうえ、無料で美味しいコーヒーをいただくことができて、満足度の高いひと時。たくさんのお客さんで込み合っているのもうなずけます。

今夜の夕食用に、またまた、たくさんの貝類とウニ、それから北海シマエビをデパ地下にてゲット。まるで近所のスーパーで買物したような袋を持って、東京へ戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

沖縄→北海道直行も!

ここのところの自分のブログを観てみると、北海道のことばかりになっている・・・確かに北海道は、魅力的なところです。でも、よく考えてみると、北海道以外にも意外と出かけてることにも気づいたので、ふと今年の前半の旅先を数えてみたくなりました。

1月初め 博多で新年を迎える。

1月後半 新幹線つばさで山形県新庄市へ。大雪に囲まれる。

2月半ば 四国で唯一行ったことのなかった徳島へ。うずしおを確認。

2月後半 友人の請われて、突然九州 久留米へ。懐かしい店 探訪。

3月初め 神戸空港をためしに関西へ。大阪なんばでみなみの雰囲気に酔う。

3月上旬 さらに法事で九州。温泉も楽しむ。

4月半ば 久しぶりに沖縄へ。それから札幌へ直行。那覇で温めた身体を、札幌にて十分に冷却。

4月終り 韓国 慶州・釜山へ。韓国のお寺観光。その後九州に立ち寄り。門司港観光。

5月半ば 高野山へ。宿坊体験。

6月半ば 初めてのオーストラリア。ケアンズ&キュランダ。

7月上旬 そして 最近の帯広。

今年は去年に比べると、旅行少なくしているつもりでしたが、数えてみると結構出かけていることに気がついて、少し驚き。でも、やっぱり出身の九州へなんだかんだと行く回数が、多いな。ちなみに今年の飛行機の搭乗回数、現在までで22回。確かに去年より少ないみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

丸の内 夜の散歩

今週末は3連休。先週末、帯広に出かけたので今週は東京でおとなしくしている予定。

でも、東京にいても心は旅模様です。オフィスのある丸の内OAZOから、自宅のある文京区まで約1時間、歩いて帰るのもなかなか楽しいものです。途中の道には、公園もあり、また皇居の周りのお堀端の道には、たくさんのランナーが汗を流していたりします。

夜にちょっと、ふらふらと散歩してみました。

Imag0010_1

Imag0011

皇居脇にある和田蔵噴水公園の夜景はほんとにきれいで幻想的。季節のいいお昼にはランチにも、もってこいのお気に入りの公園です。何でも、天皇陛下のご成婚の時に作られた由緒正しい公園だそうです。

Imag0062

内堀通り沿いには、昔から日本を支えてきた有名企業のビルがたくさんあります。もちろん建て替えたり、あるいは中はきれいにリニューアルされているんだと思うけど、外観だけ、それも下の部分だけは昔の雰囲気のまま残してあって、なかなか味のあるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.21

和歌山と雨

毎日ひどい雨が続いています。各地で洪水にまでなってきていて、本当に大変そうです。天の大きな力に対して、私たちは、被害のない様、また被害にあわれた方に対しても、ただ祈ることしかできないのかもしれません。

そういえば去年の7月に和歌山に行ったときも大雨でした。子供のときから和歌山は雨量の多い地域ということを言い聞かされていたので、それを体験できて、なかなかおつなものでした。

Dscf0433

紀三井寺の五大堂(だったかな?)までは、急な階段を上ります。途中は石の階段になっていて、大雨の中ではなかなか大変。

Dscf0449_1

ホテルの窓から眺める和歌山城は、まるで子供のときに作ったプラモデルのように見えてしまいました。それにしても、城のプラモデルを作っているとはなんともシブイ子供でした。

Dscf0453

和歌山県立美術館で一休み。雨の日の散歩にはこんな美術館があるとほっと一息つけます。美術館の中には、なかなかおしゃれなイスがおいてあったりして、その上あまり込み合っていないことが多いものです。なかなかの穴場です。外の雨を眺めながらついつい長居してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.25

お台場

週末は、姪っ子たちを連れてお台場に行ってきました。空もも何とか曇り空を保ってくれました。フジテレビ周辺だけが、イベントで大混雑。でも、夏休み最初の日曜日というのに、それ以外は割とすいてました。

Imag0730

お台場の定番、自由の女神とレインボーブリッジ。

Imag0731

メディアージュの中で、立ち飲みスポット発見。純米酒の利き酒は100円です。

Imag0733

なかなか素敵な絵も売ってます。

Imag0739_1

お昼は、お台場小香港の回転中華。子供たちには大うけ。時間が少し遅かったにもかかわらず、回転中華だけは並んで入るほどの盛況ぶりでした。回りもの好きが多いようです。

Imag0741

懐かしい車も無料でみられます。この車は、みんな知ってるトヨタ2000GT。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »