« 2007年5月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.09.26

ソウル1 成田空港 新さくらラウンジ

今週末の3連休を利用して、ソウルに行ってきました。6月からずっと旅行にいけなかったので、ずいぶん久しぶりの旅行です。ソウル自体も何年振りかな?ヨンさまがブームになる前にはずいぶんと遊びに行ってから、おそらく34年ぶりです。

今回の旅の楽しみの一つは、7月に新しくなったJALのさくらラウンジを利用すること。出国をして、早速目の前のラウンジへ。中は、前のラウンジに比べるとずっと広く、明るい感じです

Dscn0096_6

ビジネス・クラス・ラウンジは入り口から1フロア下になっています。ただし、また、階段を上るとそこには、ダイニング・エリア。前は、冷たいものしかなかったのですが、新しいラウンジでは暖かい料理も用意されています。スープ・ストック・トウキョウのスープが3種類。カレーライスに、ごはんと味噌汁など。野菜もあって、簡単な食事にはもってこいです。バー・カウンターはバーテンダーの方が好みのカクテルを作ってくれます。残念ながらシャンパンはありませんでしたが(できた初日にはモエ・エ・シャンドンを用意していたところ、1日で40本以上も出てしまい、採算的にきつくなったんじゃないかとバーテンの方が教えてくれました)。

Dscn0097

目の前にはJALの飛行機がたくさん停っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.27

ソウル2 明洞・南山

韓国への入国を終えて、バスで一路ソウル、明洞(ミョンドン)へ。ホテルはibis hotel。ミョンドンの入り口脇、ロッテ・デパートの真向かいです。この辺りで常宿にしていたウェスティンは、ウォン高とインフレでかなり割高な印象だったので、今回は割安ホテルにしました。最上階にお風呂も着いていて、まずまずです。それにしても、ウォン高(円安?)はひどいものです。前は、1万円で10万ウォン以上きていたのが、今回は7万ウォン程度。実に3割以上の差です。

Dscn0101

一夜明けて、朝ごはんはホテルのレストランでビュッフェ。これが結構充実していて、これならウェスティンのクラブ・フロアよりこっちのほうがいいじゃんって感じです。牡蠣キムチやプルコギなどの韓国料理も満載です。

お腹もいっぱいになったので、腹ごなしに南山方面まで散歩。韓国伝統ハウスでは、チュソク(韓国のお盆)に合わせて、伝統行事が行われています。

Dscn0104

散歩でお腹もすいてきたので、お昼にすることに。今日のお昼は伝統田舎料理の店へ。小さなお皿がテーブルの上いっぱいに並んでいます。少量ですが、野菜メイン・お肉もお魚もあって、これだけでもお腹いっぱいになります。本当は、これに1品、別のメインっぽいものを取るのが普通のようでした・・

Dscn0111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.28

ソウル3 街歩き

今回のソウル旅のもうひとつの目的の、買出しに出かけます。前はロッテ・デパートの地下には大きな生鮮食料品売り場があったので、ここで食材を調達するつもりだったんですが、行ってみると・・ほとんどが贈答品のようなものばかりになっていてショック!近くの新世界(シンセゲ)デパートもリニューアルされていて高級な感じです。お目当てのケジャン(生の渡り蟹を辛いタレにつけたもの)が無かったので、ソウル駅の近くのロッテ・マートまで足を伸ばすことにしました。

途中には変なオブジェもあります。

Dscn0112

シンセゲ・デパートからソウル駅までも歩いてみたんですが、南大門市場(ナンデムン・シジャン)の辺りになると急に街が薄汚れた感じになってきます。それこそ15年以上前のソウルがまだ残っているような感じです。ソウル駅近くもこの感じは続いていて、駅前では救世軍の炊き出しが行われていました。疲れ果てて垢にまみれたような人々が、駅前にごろごろと寝転がっています。それも端のほうだけではなく、そこいらじゅうに。ミョンドンにいるとすっかり垢抜けた感じになったソウルも地域が異なればこんなにも違ってしまいって驚きです。日本でも格差社会が騒がれていますが、お隣韓国のこのような状況を見る限り、日本はまだまだ格差はすくないんだなと感じてしまいます。

Dscn0113

夜は、辛い物で胃に刺激を与えます。まずはオジンヲ(イカ)の炒め。この道20年のオジンヲ屋さんで。これで、結構お腹もいっぱいですが、ここは欲張ってもう1件。ビビンパ・カフェなるものに突然入ってみました。食べたものは、ヘムル・タン(海鮮鍋)の小さいものと、カニカマ&肉&きのこの焼き鳥風。ヘムル・タンは肉の脂が入っていないだけに辛さが直接きいてきます。市庁舎とその横の噴水もきれいにライト・アップされています。

Dscn0114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.29

ソウル4 清渓川

翌朝は天気もよいようなので、清渓川(チョングチョン)まで散歩。ここは、昔は浮浪者のたまり場になった後、ふたをして暗渠とし、その上にはつい最近まで高速道路が通っていたところ。これを前ソウル市長の李氏の発案で昔の清流をよみがえらせたもの。

Dscn0118

歩いてみると、わずか数年で小川の岸辺にはたくさんの草花が覆いしげっていて、ビルに囲まれた都会のオアシスといった風情になっていました。

Dscn0122

たくさんの食材とケジャン、それから連れは新しいメガネをもって重たい荷物で空港へ向かいます。仁川(インチョン)空港の、日差しの気持ちいいラウンジで一休みして、成田へ。

Dscn0124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年11月 »