« 真夏の韓国4-ふたたび明洞(ミョンドン) | トップページ | 真夏の九州 Mid Summer in Kyusyu2-旧三井倶楽部 Old Mitsui Club »

2008.08.24

真夏の九州 Mid Summer in Kyusu1-長崎鈍行日帰り旅 One-day Trip to Nagasaki with a Local Train

   今日は姪っ子や義理の兄と一緒に、青春18切符を使って長崎日帰り旅行に出かけます。車でも、特急でも1時間半くらいでいける距離ですが、青春18切符に許されているのは、普通電車のみです。まずは、佐賀駅へ。佐賀県は恵比寿様の数が日本一多いとの事、駅のホームにもいらっしゃいます。

Today we have one-day trip to Nagasaki with our nieces and a brother in-law using Seishun (spring-time) 18 tickets. It only takes around one and half hours when we use a car or express train to Nagasaki. However Seihun 18 tickets allow us to use only local trains. We start from Saga station. Saga Prefecture has the largest number of Ebisu-sama (one of the Seven Lucky Gods) in Japan. We can see him on the platform.097

向かい側のホームには、1両編成のディーゼル列車も停まっています。

A one-car diesel train is taxing.

099

われわれが乗るのは電車でした。

An electric train comes into for us.

100

15分くらいで終点の肥前山口駅へ。そこから乗り換えて、佐世保方面へ向います。この時間、佐賀から長崎まで直通で普通電車はないため、3本の電車を乗り継いで、早岐(佐世保方面)周りで、長崎へ入ります。旅のお供には飲み物は欠かせません。

After 15 minute ride to Hizen Yamaguchi, we change trains and head for Sasebo. As there is no train directly connects Saga and Nagasaki in this time zone, we change trains 2 times which runs a long way round through Sasebo to Nagasaki. Drinks are essential for a local train trip.101_2

102

大村湾も見えてきました。

Omura Bay.

106

長崎駅からは、市電に乗ります。運転席もレトロです。

Inside NagasakiCity,trams are convenient. The driving sheet is very old-fashioned.

109

110

お昼は、2月にも行った吉宗(よっそう)を再訪。くじらの刺身・鱧の湯引きに、一人前(=茶碗蒸しと蒸寿司のセット)などを楽しみます。東京の吉宗にはチャンポンもあるので、こちらにもあると思っていましたが、残念ながらなし。子供たちには悪いことをしました。

For lunch, we visit Yosso where we had visited in February also, and enjoy Kujira (sashimi of whale), Hamo (see eel) and Ichinin-mae (means one person meal consists of Chawan-mushi (steamed egg custard) and Mushi-suhi (steamed sushi)). It was my miss-understanding that there was also Champon (Chinese noodle arranged in Nagasaki) in Yosso Nagasaki like in Yosso Tokyo. As nieces like Champon very much, they see me a little regretfully.113

115

116

眼鏡橋・興福寺・宗福寺とお決まりのコース。

Megane-bashi (eye-glasses-bridge), Kohuku Temple and Sohuku Temple are very popular spots in Nagasaki.

118

119

121

近くには、料亭や芸者の検板もあって、花街のにおいが感じられます。

We can find Ryotei (old Japanese style restaurants) and Kenban (administration office of Geisha), which reminds us the atmosphere of night-life in Nagasaki in Edo period.120

122

123

124_2

おばちゃんが屋台で売っているチリンチリン・アイスでのどの渇きを癒します。

Famous Chirin Chirin Ices are sold at standing shop on the street by Oba-chan (middle aged woman).

127

歩きつかれたので、九州最初の喫茶店「ツル茶ン」へ。ここは長崎ミルクセーキ発祥の地として有名です。長崎のミルクセーキは、凍っています。

We go to Tsuru-chan, the first coffee shop in Kyushu, and take a break. Tsuru-chan is also famous as the birth place of Nagasaki Milk Shake, crushed ices with milk and egg.

130

僕以外は、みなこれをオーダー。しかし・・ツル茶ンにはもうひとつ有名なものがあります。これも長崎名物トルコライスです。お腹はあまりすいていませんが、ついついこちらをオーダーすることにしました。いくつか種類がありますが、やはりオーソドックスな、カレー+トンカツ+ナポリタンに。結構なヴォリュームです。

Every one takes Nagasaki Milk Shakes except for me. As I notice that there is another famous food in Tsuru-chan, which is Turkey Rice – curry source, Naporitan (spaghetti with tomato ketchup), fried pork cutlet and rice are put on one plate all together, Itake it although having a big lunch at Yosso before. We do not know why we call this dish Turkey Rice. Nagasaki is only the place where we can see this mixed-up dish.

131

おじいちゃんがかいがいしく働いています。

Ojii-chan (old guy) busily serves us in an old good way.

129

桃太呂のぶたまんをお土産に買い込み。

Momotaro Buta-man (steamed meat bowls) for souvenir.133_2

帰りは、一本でまっすぐ佐賀駅までいける電車があったので、飛び乗りです。こちらの路線からは、雲仙岳も見えています。

We rush into the direct train to Saga station this time. Unzen-dake shows up in this line.

134

途中の駅では2本の電車を待ち合わせて、20分ほど停車。

The train stops at a station for around 20 minutes waiting two trains pass it.

135

だんだんと日も暮れてきました。もうすぐ到着です。

Seeing sun-set, we are about to back to Saga station.

136

|

« 真夏の韓国4-ふたたび明洞(ミョンドン) | トップページ | 真夏の九州 Mid Summer in Kyusyu2-旧三井倶楽部 Old Mitsui Club »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の九州 Mid Summer in Kyusu1-長崎鈍行日帰り旅 One-day Trip to Nagasaki with a Local Train:

« 真夏の韓国4-ふたたび明洞(ミョンドン) | トップページ | 真夏の九州 Mid Summer in Kyusyu2-旧三井倶楽部 Old Mitsui Club »