« 北海道1-登別温泉の足湯 | トップページ | 北海道3-羊蹄山とニセコ »

2008.08.03

北海道2-フェニックス洞爺クラブ

デミオは今夜の宿洞爺湖畔のオーベルジュ、「フェニックス洞爺クラブ( http://phoenix-toya.jp/ )」に到着です。サミット会場となったウィンザーホテル洞爺のちょうど対岸にあたる場所です。少し高いところにあって、洞爺湖を一望できます。

025

部屋数は10くらいのようですが、ずいぶんと立派な建物です。部屋の周りは緑に包まれています。

027

夕食まで時間があるので、プールに行くことにします。緑に囲まれ、暖かな日差しの入る、こぢんまりとしたプールです。偶然ですが貸切り状態なので、思いっきりリラックスできます。横には、お風呂もあってプールで冷えた体を暖めることができます。

119

この施設、じつは北海道の地場コンビニ、セイコーマートの研修施設です。セイコーマートのマークがフェニックスのため、この名前になっているようです。どおりで立派な施設なわけです。ですが、研修施設とはいっても、部屋にもプールにも時計も置いてないような本格的なリゾートのつくりです。ただし、働いている方々の人数はかなり少なくて、ホテルではなくあくまでオーベルジュ。プールもお風呂も、まったくご自由にどうぞという感じです。その分、料金もとっても手ごろに設定されています。

さて、楽しみな夕食です。1階のダイニングへと向かいます。

046

今回は、もっともシンプルなコースをお願いしてあります。とは言うものの、しっかりしたフルのコースです。アミューズはアスパラガスの小さなスープと、野菜を中心にした一皿。アミューズとはいえしっかりとした量の野菜がきれいに彩られて、フォアグラなどももりこまれていてボリュームたっぷりです。前菜は、周りを粉で囲んであげたマグロと、またその周りに季節の野菜。これに続く魚料理は、ソイ。次の肉料理は豚。付け合せにはこれまた季節の野菜がふんだんに盛り付けられています。

ワインは、1980年代からワインの輸入・販売をしているセイコーマートです。当然独自ルートのものが多く並びます。少しだけ高級なワインもおいてあるようですが、せっかくですのでセイコーマートのワインにします。味は・・まぁ値段が安いので、あまり何もいえません。

サーブをしていただいているのは、先ほどチェック・インしたときにデスクにいらした方です。少人数経営が行き届いています。ベテランの方の熟練の技で、実に良いタイミングでサーブしていただけます。料理の出るタイミングが、各テーブルで一緒になってしまうのは、これだけ少ない人数で運営しているので仕方のないことでしょう。

デザートとコーヒーでしめて、お腹いっぱいで部屋に戻ります。帰りを気にすることなく、食べて、そのまま部屋でごろりと眠れるのがオーベルジュの楽しみです。

|

« 北海道1-登別温泉の足湯 | トップページ | 北海道3-羊蹄山とニセコ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道2-フェニックス洞爺クラブ:

« 北海道1-登別温泉の足湯 | トップページ | 北海道3-羊蹄山とニセコ »