« 台北5-迪化街で乾物 | トップページ | 新宿区散策1-23区最高峰登頂 »

2008.10.06

台北6-新北投(ベイトウ)温泉

今日は近くの温泉地、新北投温泉に泊ることにします。台北駅から地下鉄に乗って30分くらいで着いてしまう、とってもお手軽な温泉地です。日本統治時代に開発された街だけあって、日本の温泉地に来たかのようです(http://www.taipeinavi.com/play/play.php?id=74)。

ホテルの部屋は、なんだか微妙に和のテイストが盛り込まれています。

098 099

部屋付きのお風呂もなかなかいい感じです。

100 114

街の散歩に出ます。温泉博物館と歴史のある瀧乃湯温泉。

101 102_2

駅の近くまで戻ってくると、カキ氷やさんを発見。台湾独特味わいの、ミルク凍らせてこれをカキ氷にしています。口の中でとっても冷たいミルクが解けていきます。

104

街中にはたいした食事どころはなさそうです。ホテルの中の中華が唯一のレストラン。前日も、その前もホテルで食べていたため、ここパスして、得意のホテル部屋めしにすることにしました。隣のスーパーで、お惣菜を購入します。ちょっと変った、海鮮。

109

お土産に持ち帰るつもりだった白酒(コーリャン酒で50度以上もある)とビーフ・ジャーキーも思わずあけてしまいます。

112

朝は、近くの公共ラジウム温泉へ。水着ではいる混浴風呂です。50度くらいの暑いお湯もあって修行のようです。

117

空港へ向かうと、空は晴れてきています。

121

さあ、今度は新楽克を追いかけるように東京へと戻ります。

122

台風に関心が高まり、日本に帰ってからもニュースを見ていたのですが、次の台風14号が約1週間後に台湾に上陸、その後中国大陸へ。さらに次の週の猛烈台風15号は辛楽克と同じように台湾上陸後日本方面へと立て続けに来ています。この時期の台風はなんだか必ず台湾付近を経由するようで、9月の台湾旅行は台風覚悟で出かけなければならないということがわかりました。

|

« 台北5-迪化街で乾物 | トップページ | 新宿区散策1-23区最高峰登頂 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台北6-新北投(ベイトウ)温泉:

« 台北5-迪化街で乾物 | トップページ | 新宿区散策1-23区最高峰登頂 »