« 台湾4-永康街でマンゴー・カキ氷 | トップページ | 台北6-新北投(ベイトウ)温泉 »

2008.10.05

台北5-迪化街で乾物

ニュースによれば、やっと辛楽克は台湾から離れてくれたようですが、空は今日もはっきりしません。とりあえず、今日も街歩きへ出かけます。街角には、なかなかかわいい形をしたものも目に付きます。

083 084

もちろん、あちこちにお供え物も。

095

今日の目的地は台北最古の問屋街、迪化街。街にはいると、あたりは漢方と乾物のにおいでいっぱいです。18世紀から続く問屋街は、当時の繁栄を物語るようにバロック式・現代式などさまざまな様式の建築が残されています。

087 088 089 090 091

しかしどれもこれも古く、歴史の移り変わりを感じさせてくれます(http://www.tabitabi-taipei.com/youyou/200401/index.html)。

愛想の良いおばさんのお店でナッツとビーフ・ジャーキー(黒胡椒味と五香粉味の2種類)、まずまずの愛想のおばさんの店では干しエビと干し梅を購入。お腹もすいたので簡単なお昼にします。台南担仔麺と台南担仔米粉、それに定番青菜のいため。

092 093 094

ホテルへの帰り道で薬膳料理やさんを発見したので、仏跳湯(坊さんも喜んで跳ねるというスープ)も食べてしまいました。

096

|

« 台湾4-永康街でマンゴー・カキ氷 | トップページ | 台北6-新北投(ベイトウ)温泉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台北5-迪化街で乾物:

« 台湾4-永康街でマンゴー・カキ氷 | トップページ | 台北6-新北投(ベイトウ)温泉 »