« シンガポール2-リトル・インディアのムスターファ・センターまで散歩 | トップページ | シンガポール4-フィシュ・ヘッド・カレーとポリス・レポート »

2009.03.21

シンガポール3-チャイナ・タウンの虹&ジャンク・フード

炎天下をリトル・インディアまで歩きましたが、帰りはMRT。MRTだと、あっという間にでもどれます。駅を出てみると激しいシャワー。歩いているときにこのシャワーにあたらなくてよかった。雨が小降りになるまで、ビルの地下にあるフード・コートで、一息つきます。下に小豆やヤング・コーンの入ったシンガポール風カキ氷、アイス・カッチャンを楽しみます。同じように雨宿りをしていると思われる親子が話しかけてきます。とってもフレンドリーです。

いったんホテルに戻って、荷物を置いて夕食に出かけることに。道路の上にかかる陸橋に差し掛かると、なにやら人だかりが。目を空に向けると、遠くの高層ビルから大空に向けてきれいな虹ができています。みるまに虹はどんどん伸びていって、ついに完全な半円を描いています。見とれていると、さらに新しい虹が!なんと2重の虹がビルの足元からのびています!なかなか感動的な光景でした。

お昼に結構ヘビーに食べたため、夜は軽くフード・コートへ。フード・コートは安いし、ジャンルの違う料理を勝手に選べるので、お気に入りです。まずは、センミー(極細麺が、辛いスープに入っています)と烏黒鶏の中華薬膳スープ。これらは、シンガポールに来たときにははずせないメニューです。隣になった若いカップルが、また気楽に話しかけてきます。ちょっと前までは、こんなことは中かなかなかありませんでした。経済の発展とともに、シンガポールの人々が自信にあふれてきているように感じます。

ここのフード・コートにはお酒が無かったので、酒の肴になりそうな鶏の焼物と、アサリの炒め、それから青梗菜の炒めはテイク・アウトにして部屋でビールとともに楽しみました。

|

« シンガポール2-リトル・インディアのムスターファ・センターまで散歩 | トップページ | シンガポール4-フィシュ・ヘッド・カレーとポリス・レポート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール3-チャイナ・タウンの虹&ジャンク・フード:

« シンガポール2-リトル・インディアのムスターファ・センターまで散歩 | トップページ | シンガポール4-フィシュ・ヘッド・カレーとポリス・レポート »