« 山形2-米沢観光 | トップページ | シンガポール2-リトル・インディアのムスターファ・センターまで散歩 »

2009.03.20

シンガポール1 -チャイナ・タウンで四川料理

3月の3連休を利用して、シンガポールに行ってきました。

いつものように成田空港のさくらラウンジで東京スープ・ストックのスープ3種類、サラダ、和食のおかずと欲張った朝食を堪能して、飛行機に乗り込みます。今回は初体験のプレミアム・エコノミーのシートです。広さ的には、もちろんビジネス・シートよりも狭いのですが、まずまず。ただ、今回は急に決めたフライトだったため、真ん中のシートになってしまい、これはやっぱり苦しい感じです。

トイレを我慢しながら、シンガポール・チャンギ国際空港に到着です。相変わらずのスムーズな入国手続を終えて、電車で市内へ向います。最近できた空港までの電車ですが、2つ目の駅で必ず乗換えが入り、それがちょっと不満です。できれば街中まで1本でいければいいのですが・・

さて、今回の宿は中華街入り口にあるFURAMAホテルです。最近よく宿泊していたクラーク・キーにあるマーチャント・コート・ホテルから中華街へ向う途中に何度も前を通っていたのですが、ここがホテルとは気がつきませんでした。部屋は、なぜかエグゼクティブ・フロアにアップ・グレードしてもらえました。なかなかラッキー。ホテルで一休みして、夕食へと出発です。前回ここを訪れた際に、お気に入りとなった四川料理 故郷飯店(HOME TOWN)を再訪。今日も、この店はいつもすごい混みようです。入り口近くに席をやっと確保できました。今回も、お店お勧めの辛い牛肉の前菜、お約束のマーボー豆腐、すっぱくて辛いサン・ラー・タン・スープと続きます。ビールを流し込みながら、メインのエビの辛炒め、最後に汁無しの坦々麺でしめです。食べ終えた頃に、スイカをデザートに持ってきてくれました。もう、はちきれそうなくらいお腹いっぱいです。少しだけ、中華街を廻って、部屋へ戻ります。

|

« 山形2-米沢観光 | トップページ | シンガポール2-リトル・インディアのムスターファ・センターまで散歩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール1 -チャイナ・タウンで四川料理:

« 山形2-米沢観光 | トップページ | シンガポール2-リトル・インディアのムスターファ・センターまで散歩 »