« シンガポール1 -チャイナ・タウンで四川料理 | トップページ | シンガポール3-チャイナ・タウンの虹&ジャンク・フード »

2009.03.21

シンガポール2-リトル・インディアのムスターファ・センターまで散歩

朝ごはんはチャイナ・タウンの中の市場にあるホーカーズ(昔ながらのフード・コート)へ。朝早いせいか、あまり開いている店がありません。マレー系の方々が朝からビールを飲んでいるテーブルの近くのお店が開いていました。料理は当然マレー料理。甘辛い麺の上にいくつかさつま揚げみたいのやら、野菜やらを乗せてもらって、朝ごはんにします。

今日は、北のほうのリトル・インディアまで歩いて散策を楽しみます。まずは中華街を出て、ラッフルズ方面へ。連れが友人へのお土産が必要だというのでラッフルズ・ホテルの中のショッピング・モールへ立ち寄り。ホテルの売店は、日本人観光客と白人観光客でにぎわっています。私は、中庭にある噴水の周りのベンチで一休み。街の喧騒が嘘のような静かさです。木陰にそよぐ風で、心地よさが増してきます。ラッフルズ・ホテルを出て、近くの国立博物館の売店にも立ち寄り。ミュージアムの売店には、どこか興味深いものでいっぱいです。

進路を北にとり、アラブ・ストリートへ向います。以前マレーシアのジョホール・バルまでバスで行ったときに使ったバス乗り場を通り過ぎます。このあたりに来ると、頭にスカーフを巻いたマレー系の女性が目立ち始めます。さらに進むと、また中国人街へ突入。ホテルのあるあたりよりも、よりディープな中国人街です。たくさんの人が買い物をしています。この地区でも、不思議なことにヒンドゥー教のスリ・クリシュナン寺院と仏教系の観音堂(クワン・イン寺院)隣り合って建っています。さらに進むとイスラム教のサルタン・モスクへ。モスクの前は、門前町になっていますが、中国人街に比べると人も少なく、落ち着いた雰囲気です。(http://quetzal.gozaru.jp/q012/te03.html

ここからすぐ隣にあるはずのリトル・インディアへ向いますが、なかなかたどり着くことができません。適当に歩いてしまったため、道に迷ってしまったようです。信じた道を突き進みますが、それらしいものが見当たりません。不安になってきたので、街の人に尋ねてみると・・・あと1ブロックでした。へとへとに歩き疲れたので、最初に目に入ったインド料理やさんに飛び込みます。周りのお客さんは見事にインド系の方ばかり。日本人のわれわれはかなり浮いています。が、気を取り直して前菜にサモサっぽいもの、カレーはグリーンとレッドの2種、プレーンなナンとソルティー・ラッシーをオーダー。ベジタリアン・メニューを楽しんで大満足でお店を後にします。たどり着いた場所がリトル・インディアの北の端で、ちょうど目的地であるスーパー・マーケット、ムスターファ・センターまですぐのところだったため、寺院めぐりは取りやめにして、早速買い物。ここのスーパーは、当然のことながらスパイス類が大充実です。胡椒、いくつものカレー粉に加えて、マンゴー・チャツネなどもあわせて購入。大きな荷物を抱えて、ホテルまで戻ります。

|

« シンガポール1 -チャイナ・タウンで四川料理 | トップページ | シンガポール3-チャイナ・タウンの虹&ジャンク・フード »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール2-リトル・インディアのムスターファ・センターまで散歩:

« シンガポール1 -チャイナ・タウンで四川料理 | トップページ | シンガポール3-チャイナ・タウンの虹&ジャンク・フード »