« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.01

北京1-夜の北京へ

今回はスカイ・チーム・グループの無料チケットを利用して北京へ向います。KALを利用しての旅になるため、韓国インチョン空港経由となります。久しぶりに成田の第1ターミナルに行ってみると、すっかりリニューアルされていました。

Beijing_008

Beijing_009

Beijing_010

Beijing_011

Beijing_012

KALの機内食、僕は、当然ピビンパ。チキンを選択した連れのミールにもなぜかコチュジャン(辛みそ)・ペーストがついています。

Beijing_006

Beijing_014

Beijing_016

インチョン空港に到着すると、韓国伝統館みたいなのがオープンしています。中では、ちょっとした体験系工作と、伝統音楽が無料で楽しめて、乗り換え時間を楽しく過ごせます。

Beijing_018

Beijing_021

機内で2度目のピビンパを楽しんで、夜の北京空港へ到着です。

Beijing_028

Beijing_029

Beijing_030

夜の到着のため、車の迎えをお願いしていました。これに乗って、宿まで直行です。

Beijing_032_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京2-中国伝統「四合院」造りホテル

今夜の宿は、北京の下町 胡同(フートン)地区内にある、伝統建築「四合院」様式のホテル、侶松園賓館(ル・ソン・ユァン・ホテル)です。昔ながらの建物を保存・改築してホテルとしたもので、中庭を囲むように4つの建物が建っています。車は、大きな道からそれ、人通りの多い繁華街を曲がって、真っ暗な道をほんの少しだけ入ります。ホテルに到着です。

Beijing_041

中は、いかにも中国伝統様式という感じのつくりです。

Beijing_040

Beijing_042

Beijing_039

Beijing_038

機内食だけしか食べていなかったので、小腹がすいています。先ほど通った繁華街に出かけてみることにします。

Beijing_044

再開発された地区らしく、おしゃれなバーや西洋食ばかりが目立ちます。とりあえず、北京っぽいものをということで、昔からやっていそうな食堂に立ち寄りました。臭豆腐とビール、それから北京で大人気(?)のヨーグルト。

Beijing_045

追加でおでんも楽しみます。

Beijing_046

わずか3百円くらいで、お腹もいっぱい。ホテルに戻ります。

朝は、天気もよいので中庭で朝食をとることにします。

Beijing_162

Beijing_052

Beijing_056

Beijing_057

Beijing_164

このホテル、不思議なことにお客さんのほとんどが白人。それも多くがフランス語圏の人々のようです。ホテルのテレビも、中国語のほかは主にフランス語。

それにしても、中庭にいると外の音も聞こえず、時間が止まっているかのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京3-市内散策(1)

今日は歩いて市内散策を楽しみます。まずは胡同地区を抜けて鐘楼(ベル・タワーへ)。急な階段を上って上へと向います。

Beijing_060

Beijing_061

Beijing_063

目の前には、改装中の鼓楼(ドラム・タワー)も見えます。

Beijing_062

昔は、これらの塔から鳴らされる音で時間を確認していたようです。

次に向ったのは後海(ホーハイ)。北京にも海がほしいと、人工的に作られた池です。

Beijing_069

ちょっとのどが渇いたので、お決まりのビールとヨーグルト。

Beijing_071

このあたりは、一大観光地になっていて、テレビの撮影をしていたり、たくさんの人力車が走っていたりします。

Beijing_072

そうこうしているうちにお昼の時間に。近くの食堂に入ることにします。まずは、軽く前菜として家常菜。

Beijing_074

それから、すっぱ辛いスープ、酸ラー湯。

Beijing_077

メインは串に刺されたお肉。北京の大衆店では、これが大人気です。他の人々は山のように串焼きを食べています。僕たちは、よく勝手がわからなかったので、とりあえずほんの少しだけ。

Beijing_079

Beijing_075

ビールも含めて全部で8百円くらい。いいですね。

次に目指すのは景山公園。故宮博物院(紫禁城)のすぐ北側の公園です。

Beijing_081

山の上にそびえる塔に登ると、故宮を上から見渡すことができます。かなりの広さです。

Beijing_086

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京4-故宮博物院(紫禁城)

h   時間もあるので、故宮博物院(紫禁城)まで行ってみることにします。通常は南側の天安門方面から入るのでしょうが、今回は北側から。

Beijing_092

変った形の石、木、動物(?)たちがたくさんです。

Beijing_096

Beijing_094

Beijing_100_3

Beijing_098

Beijing_126

このあたりは皇帝のプライベート・スペースの後宮にあたるためか、壮大というより、いろんな贅沢な建物がたくさん建っているという感じです。

Beijing_106

Beijing_109

各建物にはたくさんの宝物が展示されています。

Beijing_117

Beijing_118

Beijing_130

全部の建物を見ていたら、閉門時間までにとても廻りきれないようなので、とりあえず正面側へ向います。

Beijing_133_2

こちらは、政治を司る処。格段に大きな建物と、格段に大きな広場で整然とした印象です。

Beijing_149

Beijing_140

Beijing_148

Beijing_139

この橋が、表と裏を結ぶ橋のようです。

Beijing_147

おおきな広場を抜けて、天安門をくぐって外に出ます。

Beijing_150

正面は、悪名高き天安門広場です。

Beijing_152

ちょうど麻生首相の訪中と重なったため、日本の旗もたくさん掲揚されています。

Beijing_153

故宮が夕暮れに沈んでいきます。

Beijing_155

天安門からホテルの近くまで地下鉄に乗ります。地下鉄の駅からホテルまでは初めての道のため、半分迷いながら到着です。胡同(フートン)に迷い込んでしまうと、方向もつかみにくく、なかなかスリルに満ちています。なんとか無事に到着して、お腹もすいてきたため、また近くの繁華街で出かけます。歩いていると行列のできているレストランがあったので、ここに決定。四川系のようです。まずはビール。

Beijing_156

前菜にピータンと、豆。

Beijing_157

それから、チキンの炒めたもの。半端ではない量のマー(山椒)が入っていて、舌全体に痺れが広がります。

Beijing_158

メインに、カニ・エビ・貝などの炒め物。こちらはラー(唐辛子)がきいています。

Beijing_159

一品一品が大きいので、もうこれ以上は無理です。

ビールも含めて全部で2千円程度と、とってもリーズナブルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京5-市内散策(2)

四合院造りの伝統建築ホテルをチェック・アウトして、今日からは天安門近くの近代的なホテルへと移ります。なんだか学校の寮のような感じの造りです。

Beijing_170

Beijing_169

今日は、ショッピング地区 前門(チェンムン)へと向います。広大な天安門広場は、明日の労働節へ向けてやってきた観光客でにぎわっています。

Beijing_173

前門は、北京で最も早く開けたショッピング・エリアでしたが、オリンピックの際にすっかり取り壊されていて、今も再開発中です。

Beijing_175

通りには車も入れず、同じような建物が建設されていて、まるで映画のセットのようです。

Beijing_186

Beijing_187

ほとんどの建物には、まだ店が入っていませんのでがらんとした印象です。たまに店がオープンしていると、列を作っていたりします(北京ダックの有名店 全聚徳 の本店)。

Beijing_178

但し、ひとつ裏の通りは、もう既に店がオープンしていて、たくさんの人でごった返しています。

Beijing_180

お茶屋さんで、得意の中国語で連れがお店の人と話をします。たっぷり試飲をして、その分たっぷり購入しました・・

Beijing_181

表通りにオープンしていたHMで軽くお買い物。エアコンもがんがんに効いていて、トイレもきれい。店員さんは英語もOKです。そのうちに、この表通りは、銀座にあるような有名ブランド・ブティックが軒を連ねるような気がします。

お腹がすいたため近くで、軽く食事。ジャージャー麺。

Beijing_185

餃子は、結構な量がやってきました。

Beijing_184

しめて400円くらい。お腹はいっぱいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京6-市内散策(3)

次に目指すのは天壇公園。地図によると公園のある場所に到着しましたが、ながーい壁があるばかり。

Beijing_188

えんえんあるいて、やっと公園の入口へ到着です。

Beijing_189

なかもなかなか広そうですが、まずはかつての皇帝が世界平和の願った祈念棟へ。

Beijing_191

それから、真ん中の建物。

Beijing_199

そして、世界の中心へと向います。

Beijing_201

これが、世界の中心の石だそうです(さすが中国人)。みんなこの上に乗って写真を撮ります。僕たちも、もちろん乗ってきました。

Beijing_206

公園は市民の憩いの場となっています。

Beijing_209

地下鉄で、繁華街 王府井(ワンフージン)へと向います。11年前に北京に来たときには大工事中でしたが、いまではすっかりきれいになっています。

Beijing_212

夜は、ちょっとおしゃれな上海料理。

Beijing_217

Beijing_215

Beijing_216

Beijing_218

北京に来てはじめての英語も通じ、また、ビールもサーブしてくれるレストランです。ただし、あまりお腹のすいていない連れの機嫌が悪そうなので、早々に引き上げます。

北京飯店とラッフルズホテルのライトアップがきれいです。

Beijing_220

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北京7-万里の長城

今日はJTBの現地ツアーに参加して、万里の長城へと向います。ピック・アップはニューオータニ・ホテルということで、とりあえず地下鉄でホテルへ向います。ホテルでは久しぶりにたくさんの日本人を見ました。無事にピックアップしてもらい、いざ出発。北京駅は、たくさんの人でにぎわっています。

Beijing_224

バスは、いくつかホテルを廻って、最後に北京飯店へ向っています。ここは、今宿泊しているホテルのすぐ近く。わざわざ地下鉄に乗ってニューオータニまで行った僕たちはがっくりです。JTBさんちゃんと教えてくれーって感じでした。

バスは一路、万里の長城へと向いますが、今日はちょうど51日の労働節。郊外へ向かう車が込んでいます。途中の渋滞にかかりながら、2時間半ほどで何とか万里の長城に到着です。ここもたくさんの人が数珠なりになっています。

Beijing_229

風の強い中をかなり上ってきました。

Beijing_231

Beijing_233

下りも急な坂道で、スリルがあります。

Beijing_234

戻ってきたら、入り口のすぐ脇にある建物で休憩できます。さすが、JTB。ちゃんと休憩場所が確保されています。が・・なかに入ると中国人店員が入り口付近でたくさんたむろしています。物を売るわけでもなく、お茶をちゃんと入れるわけでもなく、客とは目を合わせないように、自分たちだけの世界で話し続けています。んー、さすが国家公務員という感じです。これはお昼ごはんで立ち寄ったところでも感じました。1階の売店の人々は、自分たちの話しに忙しくて、客には目もくれず。レストランで出てきた食事は一見豪華ですが、味のまずいこと。肉なんかどう見てもニセモノ??というような感じです。市内の民間でやっているレストランなどとの格差には驚かされます。それでも、白酒が無料サービスとなっていたため、お隣のサラリーマンの方々と一緒にこれを楽しみ、いい気分で後にしましたが。

次は民の十三陵。民代の皇帝のお墓です。その中で1つだけ、地下に埋葬された棺などが公開されています。中国では通常赤や黄色が門に使われますが、この門は青と黒。死者の世界へと続く門だそうです。

Beijing_239

かなり階段を下りて、ひんやりした中に棺がありました。

Beijing_245

扉を守っている龍もなんだか不気味な感じです。

Beijing_248

やっと、人間の世界へ戻ってきました。遠くにはたくさんの陵が見えています。

Beijing_253

次の目的地は、すぐ近くの神道。亡くなった皇帝が葬られるときに通った道だそうです。

Beijing_259

道では、いろいろな官吏・武人・動物たちが見守っています。

Beijing_261

死者の入口には亀がいました。

Beijing_266

帰りにはお茶屋に立ち寄りです。前の日にたくさん購入していたので、試飲と見学のみ。このプーアール茶は、なんと50万円くらい!お茶にはまるとやばそうです。

Beijing_268

| | コメント (0) | トラックバック (2)

北京8-王府井(ワンフージン)で屋台三昧

万里の長城へのバス・ツアーをおえて、帰りは北京飯店で下車して王府井へと向います。

Beijing_270

ここが、もともと皇帝の飲んでいたお茶の井戸があった場所です。

Beijing_271

今夜の食事は屋台に行くことにしました。たくさんの人でにぎわっています。

Beijing_272_2

いちばんメジャーな串焼き。たくさんの屋台で売っています。一本1元(14円くらい)からと格安です。

Beijing_273

こちらは、唯一のオイスター屋台。牡蠣にも香辛料がたくさん振りかけられています(10元)。

Beijing_274

たくさんの野菜ときのこ、それと肉を包んだロール(8元)も人気です。

Beijing_276

カニも食べられるようですが、誰も食べている人は見かけませんでした。高級品だからでしょうか(といっても30元)。

Beijing_279

もうひとつ別の買食いストリート、小吃街へ向います。こちらは再開発されていて、なんだかきれいです。物価は先ほどの屋台よりも、さらに輪をかけて安い感じです。たくさんの人でごった返していますので、十分にやっていけるのでしょう。

Beijing_281

Beijing_282

Beijing_284

北京デパートもすっかりきれいになっています。月の明かりもきれいです。

Beijing_280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.02

北京9-北京からインチョンへ

今日は移動日です。地下鉄を使って北京空港へ向います。他の地下鉄は2元(30円足らず)で乗れますが、この線だけは特別。24元払って、きれいに磨き上げられたホームへと向います。

Beijing_287

20分ほどで、第3ターミナルへ。ここが最新のターミナルです。

Beijing_288

KALは古いターミナルのため第2ターミナルへ、さらに10分ほど。

Beijing_289

ラウンジもだだっ広くて、中国的です。

Beijing_290

Beijing_291

中国のワインGreat Wall Wine を試してみましたが・・・

Beijing_293

インチョン空港で飛行機を降りて、今日は韓国で1泊します。トランジット扱いにするためには24時間以内に出国する必要があり、明日は朝早いフライト。ソウル市内には入らず、インチョンの空港島にそのまま泊ることとします。

Beijing_295

韓国食材の買出しと韓国料理が目的なので何の問題もありません。近くのロッテ・マートでコチュジャン(辛みそ)・ケジャン(辛いカニ)・タコやイカのキムチ・キムチチゲのパック・韓国ノリ・マッコリなどを買出し。両手に袋を下げてホテルへ戻ります。

今夜の夕食は、ナックチ(タコ)にすることにしました。お客さんが結構入っているナックチやさんへ。頼んだのは、この店1番お勧めのセンナックチ(活きダコ)の鉄板焼き。ナックチ・ポックン(タコ鍋)は、よく食べるのですが鉄板焼きは初めてです。お母さんが生きているタコを使って準備してくれています。

Beijing_297

Beijing_298

まだ動いているタコが、はさみで切られてなんだか残酷です。

Beijing_300

が、最後のパ(ごはん)まで完食です。

Beijing_301

次の朝早く、生野菜をKALラウンジで十分に補給して、福岡へと向いました。

Beijing_302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

北京 おまけ-吉野ヶ里遺跡の近くでバーベキュー

福岡県南部の実家方面から、車で温泉&バーベキューへ出かけました。吉野ヶ里遺跡の近くの山茶花の宿です。青空もきれいです。

Beijing_303

Beijing_305

このあたりは、麦畑が広がっています。

Beijing_304

とりあえず火をおこして、バーベキュー。

Beijing_306

サザエのつぼ焼きも楽しみます。

Beijing_307

温泉に入って、実家方面へ。なんとものどかな風景です。

Beijing_308

今日は、東京へと戻ります。最新型の西鉄電車が来ました。

Beijing_311

こちらは、昔学生時代に使っていた古い車輌がそのまま使われています。

Beijing_310

西鉄福岡駅でお約束のまる天うどんとかけうどんを楽しんで、東京へと向いました。

Beijing_312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

初夏の東京1-目白界隈

家の近所の散歩です。まずは目白地名のもととなった目白不動のある今乗院へ。

Tokyo_050909_01

これが、目白不動。

Tokyo_050909_04

次に向かうのは、新江戸側公園です。

Tokyo_050909_08 

わっかを潜り抜けて、目白どおり方面へ向かいます。

Tokyo_050909_09

目白通り沿いには、新しく目白台運動公園ができました。敷地の一部は旧田中角栄邸です。新宿の高層ビルも眺められます。

Tokyo_050909_10

少し進んで、鬼子母神。

Tokyo_050909_12

別の日に立ち寄った早稲田大学の旧図書館内の横山大観の絵と演劇資料館。

Tokyo_051609_18

Tokyo_051609_19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.23

初夏の東京2-食べてばかり

今日は天気のがよかったので、バルコニーでお昼。

Tokyo_051009_01

今度は、ホテルの中華で、オーダー・バイキング。場所は九段にある、グランド・パレスの広東料理 萬寿園。昭和のにおいのする、懐かしい中華料理をおなかいっぱい食べました。

Tokyo_051609_01

Tokyo_051609_02 Tokyo_051609_03

Tokyo_051609_04 Tokyo_051609_06

Tokyo_051609_05

Tokyo_051609_07

Tokyo_051609_08_2

Tokyo_051609_09

Tokyo_051609_10

Tokyo_051609_11 Tokyo_051609_15

Tokyo_051609_13

Tokyo_051609_12 Tokyo_051609_14

Tokyo_051609_16

Tokyo_051609_17

最後に、新宿高島屋でアメ食。

Tokyo_060509_1

Tokyo_060509_2

Tokyo_060509_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »