« 奥州2-矢びつ温泉 | トップページ | 奥州4-奥州市観光 »

2009.06.13

奥州3-平泉観光

宿までびゅうバスに迎えにきてもらって、平泉観光へ出発です。最初に向かうのは厳美渓。

Hiraizumi_053

空とぶ団子も楽しめます。

Hiraizumi_057

平泉最初の目的地は毛越寺(もうつうじ)。慈覚大使円仁が開山し、藤原氏二代基衡・三代秀衡の時代には壮大なお寺だったようですが、今はほとんど遺構が残るのみで建物はあまり残っていません。大きな池のある浄土庭園がきれいです。

Hiraizumi_064

ちょうど今日は東北地方の天台宗のえらい住職さんが、こちらに集まっていらしたようで、ご詠歌を歌いながらの行列を見ることができました。

Hiraizumi_065

次はいよいよ中尊寺です。中尊寺の横のはすは、源頼朝に殺された4代藤原泰衡の首の入っていたところから種が見つかったそうで、正真正銘800年前のものだそうです。

Hiraizumi_073

藤原氏初代清衡の建てた中尊寺。有名な金色堂に近づくにつれて、急に雨が落ちてきました。宝物館を見ているうちに、雨足はどんどん強くなり、雷もなって荒れ模様の天気です。

Hiraizumi_075

覆い堂の中の金色堂は、思ったよりも大きくてなかなか立派なものでした。大雨の中で、この金色堂をみた松尾芭蕉は奥の細道に、「五月雨のふり残してや光堂」という句を残しています。私たちも、まったく同じような大雨の中で金色堂を見るというのも、なかなか乙な体験です。

かつての奥州街道の月見坂を下っていきます。300年物の杉が街道を守っています。

Hiraizumi_084_004

中尊寺を出たところには、弁慶のお墓があります。

Hiraizumi_084_007

弁慶が義経を守って立往生したのは、このすぐ近くとのことです。このお墓からは、義経が最期を遂げた小山、高館(たかだち)を真っ直ぐに見ることができます。「夏草やつわものどもの夢のあと」の句はこの高館で読まれたそうです。

結構歩いたので、薄味の山菜などののったお膳のお昼がおいしく感じられます。

Hiraizumi_084_008_2

|

« 奥州2-矢びつ温泉 | トップページ | 奥州4-奥州市観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥州3-平泉観光:

« 奥州2-矢びつ温泉 | トップページ | 奥州4-奥州市観光 »