« 紅葉少し前の京都4-「イノダコーヒー」本店で朝食 | トップページ | はじめてのマカオ1-チャイナ・エアー初体験 »

2010.10.31

紅葉少し前の京都5-洛北散歩

朝の錦市場。明治17年創業の井上さんで、ミニコロッケやゆば、万願寺などのお惣菜を買い込んでいきます。通りも昨日の夜よりは賑やかです。

Kyoto_242

おみやげや荷物を四条の高島屋さんで預かってもらって、今日は洛北へ向かうことにしました。昨日利用した京阪電車と叡山電車でも行けますが、市バス1本で行けるようなので、これを選択。5番系統のバスは、観光客でかなり込みあっていましたが、銀閣寺をこえるあたりまで来ると、長閑な雰囲気になります。隣の地元のおじいさんと話をしながら、目的地到着です。おじいさんから教わった通りの道を進みます。宮本武蔵が決闘をしたという、一乗寺下り松。かつては、八大神社の境内だったということでしょう。この松は4代目だそうです。

Kyoto_243

近くは、いかにも風情のある街並みです。少し前に行ったソウルのハノクと雰囲気が似ているように感じます。

Kyoto_244

まずは、金福寺へ。松尾芭蕉が句を詠んだことで有名なお寺だそうです。

Kyoto_245

Kyoto_246

こちらが、芭蕉庵。与謝野蕪村が荒れていたものを整えたとのことです。

Kyoto_250

本堂のお縁では、猫がのんびりとくつろいでいます。人が近づいていっても、まったく無関心。

Kyoto_252

次に目指したのは、詩仙堂。入り口から風情があります。

Kyoto_255

お軸。

Kyoto_258_2

書院の中から、雨に濡れる庭を眺めます。離れたところから鹿威しの音が響きます。

Kyoto_261

回遊式の庭を散歩することもできます。

Kyoto_263

隣にある八大神社にもよってみることにしました。

Kyoto_265

Kyoto_266

先程の4代目の松のある場所も、かつては、こちらの神社の境内だったようです。初代の一乗寺下り松の古木は神社内に保存されています。

Kyoto_268

雨がひどくなってきたため、四条のほうへもどることにします。京都の締めのお昼を、老舗蕎麦屋の「本家 尾張屋」さんでいただきます。540年以上も前からやっているお店だそうです。まずは、熱燗で冷えた体を温めます。

Kyoto_269

こちらは、名物の宝来そば。5段のそばに、好みの薬味を載せていただきます。

Kyoto_270

もう一つは、温かいそば。かやくそばに炊き込みご飯をつけて。

Kyoto_271

高島屋さんで、さらにお買い物をして東京へと戻りました。

|

« 紅葉少し前の京都4-「イノダコーヒー」本店で朝食 | トップページ | はじめてのマカオ1-チャイナ・エアー初体験 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉少し前の京都5-洛北散歩:

« 紅葉少し前の京都4-「イノダコーヒー」本店で朝食 | トップページ | はじめてのマカオ1-チャイナ・エアー初体験 »