« 秋のソウル1-プレソウル:新大久保祭り 2010 | トップページ | 秋のソウル3-サムチョンドン(三清洞)を散歩 »

2010.10.15

秋のソウル2-古い羽田国際線ターミナルから「ハネキン」スタート

かなり前から残っていたマイルを利用して、韓国ソウルへ出かけることにしました。羽田のインターのターミナルからソウルのキンポ(金甫)への飛行機です。最近は金曜日の夕方、羽田から旅行に出かけることを「ハネキン(羽金)」と言うそうです。

まずは、国内線の第2ターミナルへ。ANAが主に利用している2タミ、JALの利用している1タミと違って、人でごったがえしています。建物も新しく、旅への期待感の高まるターミナルです。

Seoul_028

最近リニューアルされた3階には、たくさんのデザイン椅子が置いてあって、目の前のお店で買った料理を食べることができます。ほとんどの椅子が1脚だけで、たくさんのデザイン椅子を楽しめて、椅子好きにはたまりません。テイクアウトできるレストランも、鮨からエスニック、ワイン・バーなど幅広いラインナップです。椅子に座るだけでも、OKのようです。

Seoul_025

Seoul_026

一番端までいくと、美術館があります。無料で入ることができます。今回のテーマは宮本武蔵でした。ほとんど人もいなくて、しずかな空間です。

Seoul_024_2

さてそれでは、今回の出発ターミナル、国際線ターミナルへ向かいます。

Seoul_029

照明なども明るくて、なんだか古めかしい感じです。こちらの古いターミナルは、あと1週間で閉鎖されるため、今回の旅が最後の体験となるはずです。なんだか寂しい感じになってきます。

|

« 秋のソウル1-プレソウル:新大久保祭り 2010 | トップページ | 秋のソウル3-サムチョンドン(三清洞)を散歩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のソウル2-古い羽田国際線ターミナルから「ハネキン」スタート:

« 秋のソウル1-プレソウル:新大久保祭り 2010 | トップページ | 秋のソウル3-サムチョンドン(三清洞)を散歩 »