« 清明の沖縄4-「瀬底の家」で静かな時間 | トップページ | 清明の沖縄6-那覇散策 »

2011.04.23

清明の沖縄5-那覇へ

瀬底島から、那覇へと向かいます。途中、美浜でお昼。

Okinawa_219

お昼を食べて外に出ると、すっかり晴れています。今夜の宿は、まだ出来たばかりの東急ビズフォート那覇。国際通横のバスセンターの近く。遠くからはよく見えるのですが、公共の建物のなかにあるため、エントランスが無く、非常に分かりにくい入り口です。

Okinawa_243

中は、いかにも最新のビジネスホテルという感じです。

Okinawa_220

バスタブはなく、シャワーのみです。

Okinawa_221

連れが恒例の顔そりに行っている間、私は街をぶらぶらします。行きつけのおばさんの店の手作りジーマーミ豆腐や、太平通りで沖縄天ぷらを買ったり、桜坂劇場に立ち寄ったりと、いつもの街歩きです。それにしても那覇の街の中には、猫が沢山います。

Okinawa_223

今夜の夕食は、ホテルからすぐのところにあるカジュアルフレンチ「厨(curiya)」にします。予約せずに店に入ってみると、土曜日にもかかわらず、ほとんどの席が埋まっています。カウンター席に陣取ります。泡系はホテルで飲んでいるので、まずは白。グラスでいろんな種類を楽しむことにします。オーストラリアのリースリングと、ソービニヨンブラン。それから、グルナッシュブランと続きます。

Okinawa_225

前菜、牛肉のカルパッチョと、自家製燻製の盛り合わせ。

Okinawa_226

Okinawa_227

赤も3種類。先程のリースリングと同じ銘柄のピノノワール、カベルネソーヴィニヨンとスペインのモナストレル

Okinawa_229_2 

温かい前菜は、エスカルゴに見えますがサザエです。それと新たまねぎのステーキ。

Okinawa_231

Okinawa_232

メインにいく前に軽く、パスタ。サバのへしこをアンチョビがわりに使ったパスタです。

Okinawa_233

メインは、子羊のロティ。

Okinawa_234

最後にチーズを食べて、大満足でお店をあとにしました。

 

|

« 清明の沖縄4-「瀬底の家」で静かな時間 | トップページ | 清明の沖縄6-那覇散策 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清明の沖縄5-那覇へ:

« 清明の沖縄4-「瀬底の家」で静かな時間 | トップページ | 清明の沖縄6-那覇散策 »