« 梅雨の九州1-「Court Lodge」でスリランカお昼+「大連飯店」で中華夕食 | トップページ | 男の料理に挑戦(6月編)5-いただき物の塩麹ともろみを使って(1) »

2011.06.12

梅雨の九州2-佐賀空港内レストラン「CAMPHOR カンフォーラ」で「シシリアンライス」のお昼

今回の九州、梅雨前線におもいっきり引っかかってしまって、ずーっと雨でした。最終日も、強烈な雨に襲われて、車の運転も怖いくらいです。それで、所用を済ませた後は、早々に車を返却して、佐賀空港でお昼をとることにします。

Ryori_june_2_2011_017_2

レストラン「CAMPHORカンフォーラ」。地産地消にこだわっているレストランのようです。食事ができるところが1箇所だけのためが、12時前だというのに結構混んでいます。目の前には、茫漠たる景色の中に飛行機のいない滑走路が横たわっています。

Ryori_june_2_2011_018 

まずは、軽くビール。

Ryori_june_2_2011_019

つまみは、有田鶏の唐揚げ。あっさりした味付けになっています。

Ryori_june_2_2011_023

そして、こちらが佐賀名物(?)シシリアンライス。下からゴハン+甘辛ダレで炒めた薄切り佐賀牛+温泉玉子+サラダ+マヨネーズソース。

Ryori_june_2_2011_020

1970年代に佐賀の喫茶店でまかない料理としてできたものではないかという話ですが、詳細不明。名前の由来も不明だそうです。長崎のトルコライス(元祖はピラフ+スパゲッティ・ナポリタン+トンカツ(ドミグラスソース)+サラダをひと皿にもったもの)にヒントを得てつけた名前じゃないかと、私は勝手に想像しています。でも、トルコの隣はシシリアではなくシリア(長崎の隣が佐賀)・・シリアがマイナーだったためシシリア?? いずれにしても佐賀では、4月4日を「シシリアンライス」の日に制定して、ご当地B級グルメにしようと頑張ってるようです。味は・・まぁ1回でいいかな・・

そして、特製ちゃんぽん。どこが特製かはわかりませんが、あっさりスープで、まずまずです。ちゃんぽんは長崎発祥ですが、隣接する佐賀・福岡などの九州北部では、ごく普通にどこでも見かけます。

Ryori_june_2_2011_022

コーヒー。カップには有明佐賀空港キャラクターの「むっぴー」くんが印刷されています。有明海のムツゴロウと飛行機(プレーン)のかけ合わせ?のようです。

Ryori_june_2_2011_024

と思っていたら、ソーサーにも「むっぴー」くんは、いました。

Ryori_june_2_2011_025

連れがいつの間にか、「有明佐賀空港マイエアポートクラブ」に登録していたので、コーヒーは無料。この「マイエアポートクラブ」、他にも割引特典があるようです。

搭乗予定の飛行機が10分遅れの到着です。

Ryori_june_2_2011_026

Ryori_june_2_2011_027

Ryori_june_2_2011_028

大雨の中、東京へと戻ります。

|

« 梅雨の九州1-「Court Lodge」でスリランカお昼+「大連飯店」で中華夕食 | トップページ | 男の料理に挑戦(6月編)5-いただき物の塩麹ともろみを使って(1) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の九州2-佐賀空港内レストラン「CAMPHOR カンフォーラ」で「シシリアンライス」のお昼:

« 梅雨の九州1-「Court Lodge」でスリランカお昼+「大連飯店」で中華夕食 | トップページ | 男の料理に挑戦(6月編)5-いただき物の塩麹ともろみを使って(1) »