« 梅雨の九州2-佐賀空港内レストラン「CAMPHOR カンフォーラ」で「シシリアンライス」のお昼 | トップページ | 男の料理に挑戦(6月編)6-いただき物の塩麹を使って(2) »

2011.06.13

男の料理に挑戦(6月編)5-いただき物の塩麹ともろみを使って(1)

この前九州に帰省したときに、姪から塩麹ともろみをいただきました。前回の、煮玉子用だしの素に続いて、料理素材第2弾です。この塩麹ともろみ、通っているフィニッシングスクールで教わって、彼女が手作りしたものだそうです。でも「塩麹」というもの、はじめて聞きました。調べてみると、麹と塩と水を醗酵させてつくるもので、便利な調味料として最近人気上昇中とのこと。みた感じは、こんなです。

Ryori_june_2_2011_029

なので、今日は麹を使ったごはんにします。

Ryori_june_2_2011_030

こちらが、キノコとキャベツの塩麹あえ。白しめじとエノキ、キャベツを下茹でして塩麹で和えただけで、美味しくいただけました。

Ryori_june_2_2011_033

モヤシの和風ナムル。

Ryori_june_2_2011_035

野菜スティック、2種類のもろみを添えて。

Ryori_june_2_2011_031

このもろみ、奥が今回、姪からもらったもろみ。手前は、連れがうちで作ったしょんしょん(福岡県筑後地方のマルエ醤油で出されているもろみ商品の名称)。両方手作りのもろみですが、味わいもかなり違っています。

Ryori_june_2_2011_032

温かいものは、イカの一夜干しの炒め。五島列島直送のイカの一夜干しです。

Ryori_june_2_2011_034

ワカメと野菜のスープ。

Ryori_june_2_2011_036

メカジキの西京焼きでしめです。

Ryori_june_2_2011_037

塩麹、なかなか面白い調味料でした。次は、別の方法で使ってみたいと思います。

|

« 梅雨の九州2-佐賀空港内レストラン「CAMPHOR カンフォーラ」で「シシリアンライス」のお昼 | トップページ | 男の料理に挑戦(6月編)6-いただき物の塩麹を使って(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の料理に挑戦(6月編)5-いただき物の塩麹ともろみを使って(1):

« 梅雨の九州2-佐賀空港内レストラン「CAMPHOR カンフォーラ」で「シシリアンライス」のお昼 | トップページ | 男の料理に挑戦(6月編)6-いただき物の塩麹を使って(2) »