« 2011クリスマスの沖縄(2)-奥武島散策 | トップページ | 2011クリスマスの沖縄(4)-浜比嘉島散策 »

2011.12.23

2011クリスマスの沖縄(3)-「プチット リュ」で夕食

連れの職場の関係でよく泊まるようになった「東急ビズフォート那覇」にチェックイン。連れがマチグヮー(牧志公設市場)で顔そりをしている間、私はちょっと部屋で休憩。

Dscn6206

暗くなってきたので、今夜の夕食に予約していた「プチット リュ」へ向かいます。マチグヮーの中にある小さなビストロです。

Dscn6218

クリスマス・イブですが、特別にクリスマスメニューは用意していたいとのこと。特別コースを高い値段設定で用意している店が多い中、普通のカルト中心ということで好感が持てます。まずは、軽く泡。スペインのカヴァ。

Dscn6210

前菜1品目。沖縄の代表的な魚、アカマチのカルパッチョ。バルサミコとポメリーのマスタードがきいています。

Dscn6213

白は、サンヴェラン。このお店のワインは、格安で提供されています。

Dscn6214

次の豪華な皿は、前菜の盛り合わせです。前菜の中から気になるものを入れてもらって、盛りつけていただきました。ヤンバル若鶏の白レバーペースト、ロニョン(腎臓の煮込み)、沖縄県産豚の肩ロースとのど肉を使ったパテ・ド・カンパーニュ、アイコ(トマト)など、8-9種類が盛り込まれています。お正月のおせちみたいです。

Dscn6215

次は温前菜の県産豚の手作りソーセージ。シュークルートももちろん一緒に。

Dscn6216

連れはさすがに、あまりワインが進まないらしく、白の結構な割合を私が引き受けてしまいました。なので、赤はグラスでいただいておきます。

そして、今日のメインは、ここだけちょっとクリスマスらしいスペシャル、フランス産ウズラにします。中には県産黒米のスタッフが入っています。赤ワインにぴったり。

Dscn6217

もう一品、メインをとろうかと考えていましたが、連れの食があまり進まないため、メインは1品だけに。これで、すでにおなかいっぱいになりました。大満足でお店を後にします。

寝る前に、ホテルのラウンジでちょっと、コーヒー。

Dscn6219

|

« 2011クリスマスの沖縄(2)-奥武島散策 | トップページ | 2011クリスマスの沖縄(4)-浜比嘉島散策 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011クリスマスの沖縄(3)-「プチット リュ」で夕食:

« 2011クリスマスの沖縄(2)-奥武島散策 | トップページ | 2011クリスマスの沖縄(4)-浜比嘉島散策 »