« 春の台湾(3)- 基隆(キールン)廟口夜市へ | トップページ | 春の台湾(5)- 淡水(タンシュエ)散歩とベンツ火鍋 »

2012.03.18

春の台湾(4)- サン ワン台北レジデンス

翌日の朝は、霧に囲まれていました。

132

朝食をとっていると、だんだんと霧が晴れてきました。

133

で、その朝食。ホテルの上の方のレストランです。ちょっとファミレスっぽい。

125

134

126

もちろん、中華もあります。

127

136

128

135

----------------------------------------------

台北へ移動します。今度はローカル列車で移動します。

026

138

139

140

----------------------------------------------

40分ほどで台北到着。今夜のホテルへ移動します。台北の宿はちょっとおしゃれな造りのサン ワン台北レジデンスです。スモール・ラグジュアリー・ホテルズの一つで、2012年トラベラーズ チョイス アワードを受賞しているそうです。

157

フロントスタッフは、ちょっとイケメンの若い男の子と、かわいい感じの女の子たち。みんな日本語がしゃべれます。

158

部屋もなかなかおしゃれな感じ。

141

145

ちょっと変わった感じのお風呂です。

143

トイレもTOTOのウォシュレットつきです。洗面台には高級そうなものがおかれています。

142

机の中の文房具類まで、こだわっているようです。

144_2

この時間は、2階のレストランで軽いお菓子とおちゃを無料で楽しめます。

150

151

152

155

カップヌードルもおいてあります。

154

それと、たくさんのおせんべい。

153

ここのオーナーは、おせんべいやさんだそうで、日本人からおせんべいの焼き方を教わって、その製法を守り続けて大きな会社にしたんだとか。台湾ではみんなが知っているブランド「旺旺」で、いろんなお菓子が売られています。なので、「旺旺」の文字やら、そのキャラクター「旺旺坊やがホテルのあちこちにいたりします。

228

147

朝食も、同じ場所です。

202

見た目おしゃれな感じのバイキングです。

201

224 

203

226

204

205

粉ものもありです。

206

225

207

ですが多分、このホテルには、ちゃんとした厨房は無いようです。おそらく、買ってきたものを皿に出したり温めたりして、並べているだけの感じがします。ルームサービスのメニューも電子レンジですぐできそうなものだけで、他はとっても良い感じなだけに、その点だけはちょっと残念でした。

|

« 春の台湾(3)- 基隆(キールン)廟口夜市へ | トップページ | 春の台湾(5)- 淡水(タンシュエ)散歩とベンツ火鍋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の台湾(4)- サン ワン台北レジデンス:

« 春の台湾(3)- 基隆(キールン)廟口夜市へ | トップページ | 春の台湾(5)- 淡水(タンシュエ)散歩とベンツ火鍋 »