« 12月の沖縄2012(2)-「笑美の店」の沖縄伝統お昼と「喜如嘉」散策 | トップページ | 12月の沖縄2012(4)-「奥武山(おうのやま)公園」神社めぐり+「港川外人住宅エリア」散策 »

2012.12.23

12月の沖縄2012(3)-安須森(あしむり)御嶽と「プティ・マルグリィ」の夕食

結構北の方まで来たので、連れがずっと気になっていたという、安須森御嶽、別名、辺戸御嶽に行ってみることにします。こちらは、茅打ちパンタ。高さ約100メートルの断崖絶壁です。

Dscn9358

さらに辺戸岬方面へと裏道を進みます。見えてきました、安須森御嶽。

Dscn9363

この岩山自体が、ご神体です。58号線から、わかりにくい側道を分け入っていきます。

Dscn9361

危険なためか、ロープが結んであります。地面もぬかるんでいて危なそうなので登りはあきらめて、今日はここでお祈りをして、御嶽を後にします。大変なパワースポットだと連れは言っています。

沖縄本島北の端から、一気に那覇市内へと戻ります。途中、渋滞につかまったりしていたため、7時に予約をしていた「プティ・マルグリィ」でしたが、大遅刻。事前に電話連絡を入れたところ、「わかりました。お気をつけていらしてください。」との優しいお言葉。ありがたいことです。結局店に着いたのは、1時間遅れの8時になってしまいました。

Dscn9364

Dscn9365

店の中は、明かりも明るく、席間も結構広い感じです。満席の様子です。

Dscn9366

まずは、泡。クレマン。なみなみと入れていただいてます。

Dscn9367

お料理は、電話予約の時に、小さいポーションの料理を取り分けながら食べるコースにしようかと話していたのを、マスターが覚えてくださったようなので、これにします。ただし、どうしても食べたいものをいくつか入れていただきました。まずは、カブのムースから。

Dscn9368

ワイン。これはイタリアの白。グラスでいただきます。

Dscn9370

前菜。パテ・ド・カンパーニュ。

Dscn9369_2

ツナのリゾット仕立て。

Dscn9371

次の白は、おすすめのブルゴーニュ。

Dscn9372

最初、グラスでいただこうかと思ったんですが、マスターも奥さん(?)もサービスするのが大変そうだったので、1本でいただくことにして、セルフ・サービス。パンも手作りです。

Dscn9373

白レバーのムース。かなりクリーミーに仕上がっています。

Dscn9374

リクエストのイタヤガイのブルゴーニュ風。バジルバターです。

Dscn9375

レンズマメのサラダ。

Dscn9376

次々にパンのお代わりを持ってきていただけます。

Dscn9377 

コンソメ・スープ。結構本格的に牛のうまみが出ていたため、連れはギブ・アップ。私はおいしくいただきました。

Dscn9378_2

メインは、これもリクエストの対馬産イノシシ。ジューシーで美味。

Dscn9379

もちろんこれには、赤を合わせて。こちらはグラスでいただきます。

Dscn9381

また、違う種類のパンを出していただきました。

Dscn9382

チーズとコーヒーの後には、オー・ド・ヴィ(生命の水)もいただいてしまいましょう。

Dscn9383

連れはオー・ド・ヴィ・ド・フランボワーズ。

Dscn9384

私はマール。

Dscn9385

大満足の、夕食となりました。

|

« 12月の沖縄2012(2)-「笑美の店」の沖縄伝統お昼と「喜如嘉」散策 | トップページ | 12月の沖縄2012(4)-「奥武山(おうのやま)公園」神社めぐり+「港川外人住宅エリア」散策 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月の沖縄2012(3)-安須森(あしむり)御嶽と「プティ・マルグリィ」の夕食:

« 12月の沖縄2012(2)-「笑美の店」の沖縄伝統お昼と「喜如嘉」散策 | トップページ | 12月の沖縄2012(4)-「奥武山(おうのやま)公園」神社めぐり+「港川外人住宅エリア」散策 »