2014.01.03

2013年末2014年年始(3)- 筑後地方のお正月

2014年の始まり。いい天気です。すぐ前の水天宮にお参り。
Dscn2837

Dscn2838
筑後川にかかる昇開橋も結構きれいです。
Dscn2839_3

2日。連れは友人と会うというので、私は実家のあたりを散歩します。古い造り酒屋のあったところなので、それなりの雰囲気の建物が残っています。
Dscn2843

Dscn2844

Dscn2845
八坂神社。
Dscn2848
立派な庭です。
Dscn2849

Dscn2850
中には、お神酒が置いてあったので、ちょっといっぱい。
Dscn2851
すぐ前にある来迎寺。
Dscn2852

Dscn2853
そして、現役の造り酒屋、菊美人酒造。
Dscn2855_2
矢部川の眺めは懐かしい。
Dscn2857
子供の時この辺で泳いだりしていました。
Dscn2856

Dscn2858
橋を渡って、八幡神社。
Dscn2840

Dscn2842
この辺は子供のころに、よく遊びに来たあたりです。
Dscn2861

Dscn2862_2

さて、そろそろ空港へと向かいます。途中で腹ごしらえ。
Dscn2867

Dscn2866
私は、もちろん豚骨ラーメン。
Dscn2865
連れは、やっぱり醤油ラーメンです。
Dscn2864

浜松町まで戻ると、彼がはかま姿で待っていました。
Dscn2872

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.31

2013年末2014年年始(2)- 成田空港から九州へ

イオンモール成田まで、成田駅からホテルのリムジンバスで行くことができます。なので、夕食はそちらで食材の買い出しをして、また、リムジンバスでホテルへ向かいます。思っていたよりも立派なホテルです。
Dscn2798
先ほど立ち寄った、長命泉も置いてあります。
Dscn2799

Dscn2824
簡単な部屋食。
Dscn2825

 

朝の成田。なんだか海外の空港近くのホテルに、どことなく似ている感じです。

Dscn2826

成田空港の国内線ラウンジ。国際線のラウンジは何度も使っていますが、国内線は初めてです。
Dscn2828

Dscn2827

さて、九州へと向かいます。空からは富士山が良く見えています。新幹線から眺めるのとは、また一味違っています。
Dscn2833

 

空港で車を借りて、実家方面へ。去年、洋風おせちを買った「ソレイユ」に今年も立ち寄り。今年はおせちの予約はしていなかったので、お惣菜を買い込みます。そのまま南へと向かいます。途中、急にちゃんぽんが食べたくなったので、リンガーハットに立ち寄り。
Dscn2834

Dscn2835
何事もなく12月31日が過ぎていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.27

伊都のくに糸島ドライブ

法事を終わって、博多のホテルに滞在します。すぐ目の前に、博多の人気鉄なべ餃子屋さんが。
Dscn2298
店内は混み合っていたため、部屋に持ち帰って楽しむことに。
Dscn2293

Dscn2294
それと博多ではやっぱり欠かせないラーメン。昨日の夜のうちに楽しんでおきました。
Dscn2296
博多はB級グルメの宝庫です。

 

今日は、最近九州の雑誌で取り上げられることの多い、伊都のくに糸島を訪ねてみます。まずは、二見ヶ浦へ。
Dscn2302
きれいな海です。
Dscn2314

Dscn2306

Dscn2307

Dscn2305
バイクも気持ちよさそう。
Dscn2313_2

次に近くにある、芥屋の大門(けやのおおと)へ。
Dscn2316
登ることができそうなので行ってみます。
Dscn2317
なかなかの眺めです。
Dscn2319
大祖神社にお参り。
Dscn2320
すると先ほどのバイクの集団に再会。
Dscn2321_2

Dscn2322

お昼に、今日解禁のいとしま牡蠣の食べられる牡蠣小屋を探してさまよっていたら、うまく見つけられず、内陸の方へ来てしまいました。すると市役所のとなりの志摩中央公園で、イベントをやっています。糸島市民まつりのようです。
Dscn2329

Dscn2324
牡蠣はあきらめて、こちらで簡単なお昼にします。伊都ホットサンド笑顔のフライドチキンももちゃん。この会場で行われていた、糸島グルメグランプリi-1で見事グランプリに選ばられたようです。

Dscn2325_2


Dscn2330
こちらはインド料理サフランさんの糸島のインドカレー(ベジタブルチキンカレー)。グルメグランプリ4位獲得。
Dscn2326

Dscn2327

水産物直売所を見つけて、無事に牡蠣を入手して、空港へ向かいます。ラウンジではもちろん伊都牛乳。
Dscn2331
さっき買ってきた、新鮮刺身とお寿司も楽しみましょう。
Dscn2332

Dscn2333
初めてのいと体験を楽しみました。

浜松町の駅では、彼が消防服で待ってくれていました。
Dscn2335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.02

九州で年越し2012-2013(3)- カメと一緒に東京へ

今日は朝から曇り模様。私の実家周辺を、ちょっと散策。まずは八幡神社へお参り。

Dscn9530
卒業した小学校へ。建物はすっかり新しくなっていて、昔の面影を残すものは何もありませんが・・

Dscn9531_2

Dscn9532
裏にあるお寺にお参り。ここも記憶にないなぁ。

Dscn9533_2

田んぼにはカチガラス。豊臣秀吉と一緒に朝鮮半島からわたってきたとも言われています。

Dscn9535

こちらにも神社が。

Dscn9537

今夜も温泉へ。連れは、子供のころからよく来ていたようで、懐かしそうです。

Dscn9538

帰りにちょっとマックに立ち寄り。すっかりおしゃれになっています。

Dscn9540

さて、今日は朝早く起きて東京に戻ります。連れの実家に置いてきぼりにされたカメを連れて。今回の帰省の最大の目的はこれでした。10数年前に道を歩いていたところを、連れの両親に拾われて、ずっと福岡の片田舎で過ごしてきたカメ。最初は5センチもくらいの小さなカメだったそうですが、いまでは手のひらよりも大きくなっています。これくらいの大きさになると、飛行機には乗せることができないことが判明。飛行機の予約を急きょキャンセルして、私だけ博多駅から新幹線で東京に戻ることにします。発泡スチロールに入ったカメは、すっかり静かになっています。

Dscn9541

やっと富士山が見えてきました。

Dscn9545

車で1時間半+新幹線5時間半+電車30分+徒歩10分の長旅を終えて、無事、カメは東京の住人となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

九州で年越し2012-2013(2)-「昇開橋温泉」で新年会

私の実家を訪問した後、連れの姉妹とその家族で新年会です。場所は連れの実家至近の「昇開橋温泉」。当然、すぐ近くに昇開橋がみえています。昔はここを国鉄佐賀線の列車が通っていたそうです。船が通すために真ん中の部分が上に上がるようになっているため昇開橋と呼ばれています。
Dscn9521

貸切小部屋をしておきました。今日の懐石風料理も、お正月バージョンです。
Dscn9522

Dscn9523

お雑煮には、丸いおもちに、ブリと鶏肉がはいるのが福岡スタイル。

Dscn9524

ガメ煮も定番。

Dscn9525_2

Dscn9526

Dscn9527_2

Dscn9528

Dscn9529

温泉の料理としては、まずまずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州で年越し2012-2013(1)-「ソレイユ」のおせちで新年

今回の年越しは、誰も住まなくなった連れの実家に行くことにしました。料理もまともにできそうもないので、あらかじめおせちを予約しておきました。福岡市荒戸にある洋風総菜の店「ソレイユ」。

Dscn9502

12月31日ということで、おせちの受け渡しがメインのようでしたが、ちょっとだけ他のお惣菜もあったので、これも併せて購入します。

福岡といえば、私たちにとってはうどん。今日のお昼もうどんにします。

Dscn9503

メニューは定番、ゴボウ天うどんにかしわのおにぎり。天かすは取り放題です。

Dscn9504

エネルギー補給も終わったので、お風呂へ。柳川でいつもお世話になる「水の郷」が31日はお休みということで隣のかんぽの宿に行くことにします。

Dscn9505

気持ち良く晴れています。

Dscn9506

柳川名物のお堀も見えています。

Dscn9507

川下りの船がやってきました。

Dscn9512

さて、連れの実家で、東京から持ってきた、出雲そばで年越しです。昭和感がたっぷり感じられるこたつでいただきます。

Dscn9516

2013年の始まりです。まずは朝の初もうでを済ませた後、昨日購入した「ソレイユ」のおせちをいただきます。

Dscn9518

Dscn9519

Dscn9520

とってもリーズナブルな値付けだったんですが、どの料理もしっかり手作りで、あっという間に全部食べてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.17

夏の九州2012(5)-海上自衛隊 鹿屋航空基地資料館と桜島

午後は、海上自衛隊の航空基地にある資料館を覘いてみることにします。自衛隊の基地の中に、車で普通に入ることができます。周りにはたくさんの古い飛行機が展示されています。

Dscn8730

Dscn8731

Dscn8733

中に入ると、戦争のにおいがぷんぷんと漂ってきます。この基地は太平洋戦争末期に特攻隊の基地として使用されたところです。ゼロ戦も展示されています。

Dscn8734

特攻隊の方々のたくさんの写真や手紙の迫力に押されながら1階に降りてくると、飛行機の展示場になっていました。コクピットにも乗ることができて、こちらはけっこう楽しめます。

Dscn8740

Dscn8741_2

Dscn8743

Dscn8744

次の目的地は桜島です。車で上陸(?)します。前方に見えてきました。

Dscn8749

溶岩道路を走ると周りは、固まった溶岩に囲まれていて、まるでTDLのビッグサンダーマウンテンに乗っているような、変な気分になります。時間がないので、道の駅にちょっと立ち寄るだけで、そのまま桜島フェリーへ向かいます。

Dscn8752

Dscn8757

今日は残念ながら海からの桜島は雲に隠れていました。

Dscn8761

後は一路、うちへと戻るのみです。途中、お盆渋滞に引っかかりながら福岡県南部の柳川へ到着したのは9時過ぎ。昨日・今日合わせて約600kmのドライブを義妹が一人で運転してくれました。どうもお疲れ様でした。

(おまけ)

福岡空港に向かう途中、天神で、ちょっとランチ。私は、福岡定番のゴマサバ定食。

Dscn8768 

壱岐のサバだそうです。

Dscn8765

揚げたての天ぷらもついてます。

Dscn8767

連れは、チキン南蛮とハンバーグの定食。連れはどうも、チキン南蛮がお気に入りのようです。

Dscn8766

---------------------------------

おまけ 2

今年もお盆恒例の精霊流しを、連れの実家のある筑後川下流でやったようです。去年までは参加していましたが、今年は残念ながら不参加。でも、いかにも夏っぽい写真が送られてきました。今年も義兄作の¬友(かぎとも)号は、よくできています。

Stil0006

P1000259

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の九州2012(4)-「坂元のくろず」の壺畑と「とんかつ竹亭」鹿屋本店でランチ

今日は、まず義妹の健康祈願で、健康に良さそうな「坂元のくろず」工場へと向かいます。ついてみると、黒酢屋さんとは思えないような、モダンなコンクリートの建物。

Dscn8720

さすが、健康食品として大ブレークした「坂元のくろず」。笑いの止まらない大儲けのようです。

Dscn8724_2

もちろん、奥には名物の壺畑が見えています。

Dscn8722_3

建物の中で、いろんな黒酢系飲料をたくさん試飲。黒酢ソフトクリームも食べてから次の目的地へと向かいます。

お昼は鹿屋のバスセンターの裏にある「とんかつ竹亭」へ。第5駐車場まであるようですが、なんと満車。近くのスーパーの駐車場に停めさせてもらうことにします。中に入ってみると大混雑。店の中心を囲むように揚げ場とカウンターがしつらえてある、変わった造りです。

Dscn8725

14人の大人数グループでしたが、運よく近くにみんな座ることができました。10分ほど待って料理が出てきました。こちらは、(上)とんかつ定食1000円。姪が頼んだ、とんかつ定食800円と食べ比べてみましたが、(上)というだけあって、こちらのほうが若干厚みと柔らかさで優っているようです。

Dscn8727

こちらは(上)ヒレカツ定食。

Dscn8729

どの定食にも、たくさんのキャベツが乗っていて、これでおなかいっぱいになりそうです。食欲旺盛の姪っ子は、ほかの子たちの残した分も平らげ、ご飯もお代わりをしていましたが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の九州2012(3)-霧島神宮と「明るい農村」焼酎蔵見学

もう一度高速に乗って、霧島神宮へと向かいます。けっこう上のほうまで車で行けるので、あっさりと到着です。展望所からは桜島も見えるそうですが、今日は残念。

Dscn8681

さて、ご参拝。なかなかのパワースポットのようで、歩いているだけで気持ちよくなります。

Dscn8682

君が代に唄われているさざれ石(?)

Dscn8683

天照大神の孫にあたる、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がご神体だそうです。もともとは高千穂山頂にあったようですが、噴火のためこの場所に移動したとか。

Dscn8694

杉のご神木。

Dscn8685

お隣の神楽殿は、まだまだ新しい建造物です。

Dscn8689

次の目的地は、芋焼酎「明るい農村」の製造蔵です。創業は1911年。百年以上前です。

事前にお願いしてあったので、すぐに蔵見学へ連れて行っていただきます。蔵の裏には霧島川が流れています。

Dscn8698

が、仕込み水は霧島山麓の水が長い間かけて濾過された地下水を使っているそうです。

Dscn8701

Dscn8702

工場見学後は、もちろん試飲。結構たくさんの種類の試飲をしました。

Dscn8704

そろそろ、今夜の宿泊地の霧島温泉方面へと向かいます。今夜は、姪の働いている会社の保養施設となっている別荘を一棟借り切りです。

Dscn8712

お風呂は、もちろん温泉です。

Dscn8708

夏の別荘といえば、の定番バーベキュー。バーベキュー・マスターの義兄が仕切り、その娘婿が手伝い、甥っ子がまぜっかえす形で、準備完了。女性陣は、エアコンの効いた涼しい部屋の中でワイワイガヤガヤです。

Dscn8709_2

Dscn8713

もちろん、夜の花火はお約束。

Dscn8715_2

夏の夜が更けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の九州2012(2)-鹿児島ドライブ編-コカコーラ工場見学

今日は、お出かけ好きの連れ側の親戚一同で鹿児島方面へ、ドライブ旅行へ出かけます。途中のSAでは、熊本銘菓陣太鼓が氷に埋められていて、びっくり。うまく取り出すことができれば、そのままもらえるそうです。熊本定番の夏の風物詩とのこと。

Dscn8670

途中のえびのにある南九州コカコーラの工場を見学します。

Dscn8672_2

中にはミュージアムもあります。入り口のシロクマ。

Dscn8674

懐かしいビンコーラの入った自販機も。

Dscn8673

工場は見学通路を自由に見ることができましたが、お盆休みのようで、たくさんのコーラが生まれているのを見ることはできませんでした。工場内は撮影禁止です。

そろそろおなかも減ってきたので、近くの「山椒茶屋」でお昼にします。お盆のためか、結構混んでいます。

Dscn8678_2

九州定番のゴボウ天うどんと、ざるうどん。

Dscn8676

Dscn8677

オーダーを間違えたうえ、訂正後のお勘定も間違っていて、結構大変なうどん屋さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧