2012.09.23

初秋の北海道2012(4)- 「フェニックス洞爺クラブ」1年ぶりの再訪

今夜の宿のある洞爺湖に到着です。途中かなり曇っていましたが、こちらまでくると結構明るくなりました。

Dscn8902

Dscn8904

「水の駅」でちょっと買い物して、常宿「フェニックス洞爺クラブ」へ。チェックインして、軽く大浴場に入ります。夕食までの時間はテラスで泡を楽しみましょう。

Dscn8908

Dscn8907

さあ、楽しみの夕食です。メートルはここ2年ちょっと頑張っていらっしゃる男性。「翠蝶館」の男性スタッフに似ている彼です。最初のころに比べると、サービスがすっかり板についてきた感じです。いつも良くしていただいていた女性のベテラン細井さんは、2月で退職されたようで、お会いでき気なくて残念です。代わりには若い女の子2人が頑張っています。ひとりは、まだ高校2年生ということです。

Dscn8910_2

まずは、白をいただきます。

Dscn8911_2

Dscn8912

前菜。噴火湾産海の幸のサラダ。地元の野菜もふんだんに盛り込まれています。周りのオイルに含まれているカレーの香りが食欲をそそります。

Dscn8913

洞爺産トウモロコシの冷製スープ。

Dscn8914_2

魚は噴火湾産タラがココットに入って洞爺産野菜と一緒に出てきました。

Dscn8915

メインは、隣町の真狩産ハーブ豚。結構厚めのポワレ、香草焼きです。少したってから、アツアツのジャガイモグラタンの付け合せも持ってきていただきました。

Dscn8916

デゼール。白桃のソルベの周りにココナツのパンナコッタとフルーツ。

Dscn8918

そして、いつもの「大きな」プチ・フール。プリン以外は部屋へお持ち帰りです。

Dscn8919

部屋では、もう少しワインを楽しみます。

Dscn8920

朝起きると太陽が出ています。

Dscn8922

Dscn8923

Dscn8924_2

まずは、軽く朝のお風呂。

Dscn8927

それから散歩に出かけます。

Dscn8928

Dscn8932

Dscn8934

Dscn8937

さて、朝ごはんの時間です。

Dscn8938

まずはサラダ。自家製醤油ドレッシングでいただきます。

Dscn8940

ポタージュスープ。

Dscn8941

キッシュとソーセージ。

Dscn8942

手作り焼き立てパンと、ブルーベリーとジンジャーのジャム。

Dscn8943_2

Dscn8939

デザートとコーヒーです。

Dscn8944

Dscn8945

「フェニックス洞爺クラブ」はできるだけ地元食材を使って、手作りされた料理が多くて、いつも楽しめます。

帰りの飛行機の時間が早いので、チェックアウトして真直ぐ空港へと向かいます。少しだけ時間があるので新千歳空港内に新しくできた「ロイズ チョコレート ワールド」と「シュタイフ ネイチャー ワールド」を外からちょっと覗いて帰路につきます。

Dscn8946

Dscn8950

(おまけ)

浜松町に着くと、小便小僧君が、きょうは秋祭りのはっぴ姿になってました。

Dscn8951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初秋の北海道2012(3)- 寿都「大○大谷会館」と「二股ラジウム温泉」

ホテルを出るころには、だいぶ陽も出てきました。すぐ近くではニセコ・マラソンの真最中です。

Dscn8876

今日は、まだ行ったことのない後別(シリベツ)地方の寿都(スッツ)町方面へといってみます。日本一きれいな川といわれている尻別川沿いを下って日本海側へ。すると尻別川の河口が見えてきました。

Dscn8879

Dscn8878

もうすぐそこが日本海です。この辺りは、かつてニシン漁で栄えたところ。海岸を走ると、ニシン記念碑とニシン御殿がありました。

Dscn8881

Dscn8883

寿都町は、日本で初めて大規模風力発電を作った町。今も2世代目の大規模発電所が見えています。

Dscn8882

寿都の漁港に到着です。直売所では、塩だけで漬けたウニを購入。連れの大好物です。

Dscn8885

こちらは道の駅。ずいぶんと立派な建物です。

Dscn8887

メインストリート。ものすごくきれいに整備され、周りの建物も統一感を持って再開発された模様。でも、店は殆ど閉まっていて、誰も歩いていないさびしい感じの通りです。

Dscn8888

唯一、賑わっている「大○ 大谷会館」でお昼にします。

Dscn8890

ここも建て替えられて、きれいな建物となったようです。結構たくさんのお客さんがはいっています。ちょうど、小あがりの席を確保できました。

Dscn8891

今日のおすすめメニュー。

Dscn8892

Dscn8893

魚のおいしいところだそうなので、刺身に合いそうな冷酒をいただきます。枝豆も持ってきていただきました。

Dscn8894

こちらは、上刺身定食。前浜のヒラメ、ブリ、マソイに焼きタラバ、白貝、ホタテ、それからイクラが乗っています。小鉢はイカの塩辛などなど。

Dscn8895

それと、ホッケは塩焼き単品でお願いしました。今年は結構ホッケが不漁だそうです。

Dscn8896

お腹いっぱいになったので、次は温泉に向かいます。結構秘湯だと噂の「二股ラジウム温泉」に行ってみることにしました。

Dscn8897

途中、がけ崩れがあったらしく、補修工事中の山道を抜けて温泉に到着です。

Dscn8899

なかなかひなびた雰囲気です。

Dscn8900

ラジウム泉の泉質がよいらしく、湯治客の方など常連さんばかりでした。結構ディープな雰囲気です。男湯・女湯と混浴湯に分かれています。男湯・女湯はそれぞれ湯船が2つずつ、深めと浅め。いずれもあまり熱くありません。混浴内風呂は大き目で4つの湯船。深い湯のほうはかなり熱めの湯。浅い湯はぬるくなっています。混浴露店風呂は温泉成分で赤茶けた周りを眺めながら楽しめます。寝湯で空を眺めながらぬるいラジウム湯につかると気持ちがよくてぼんやりとしてきます。

Dscn8901_2

結構強い温泉を楽しみ、今夜の宿へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初秋の北海道2012(2)- 「ヒルトンニセコビレッジ」に宿泊

天気のいいうちに出発します。ちょっと山のほうへ行くと定山渓ダムがありました。

Dscn8825_3

こちらは、浅里川温泉近くの浅里ダム。水をせき止めた跡が公園になっていて、不思議な光景です。

Dscn8829

赤井川国道に入ると「小樽ワイン工場」が見えてきました。ギャラリーになっているのでちょっと立ち寄ります。

Dscn8830_2

Dscn8831

ワインは試飲だけで、サーモン、ニシン、それからワイン納豆を買って出発。すぐ近くの展望所からは小樽の街が見下ろせます。

Dscn8833

途中「ホピの丘トンデンファーム」があったので、ここでも立ち寄り。

Dscn8834_2

馬、豚、ヤギ、ダチョウ、ウサギ、犬などたくさんの動物たちが飼われていて、子供たちもいっぱいです。

Dscn8835

せっかくなので、炭焼きチキンとソーセージを食べていきましょう。

Dscn8837

ちょっと天気が怪しくなってきたので、早めに今夜の宿のあるニセコ方面へと向かいます。ホテルのすぐ近くの「ニセコヌプリホルスタインズミルク工房」へ。

Dscn8838

おいしい牛乳を期待したんですが、残念ながら牛乳そのものは販売していません。ただ、晴れていたらとても気持ちよさそうな風景です。羊蹄山が真正面に見えるはずです。

Dscn8842

1-2分で今夜のホテル、「ヒルトンニセコビレッジ」に到着です。かなりの大型ホテルです。

Dscn8874

Dscn8846

こちらのホテルもウェルカム・ドリンクでお迎え。アップルタイザー、アルコール入り。

Dscn8848

Dscn8847

部屋はとってもシンプルな造り。

Dscn8849

窓の正面には羊蹄山。雲の中に隠れていますが。

Dscn8850

まずは部屋で羊蹄山を眺めながら、ゆでキビとワインを楽しみましょう。

Dscn8853

Dscn8852

食事前には温泉です。サウナなどは無いんですが、お湯が結構本格的に茶色の湯で、驚きです。

夜は、メインレストラン「MELT」のビュッフェにしました。

Dscn8855

お酒は、余市のニッカウィスキーの飲み比べにしてみます。

Dscn8856_2

あとは、ひたすら食べましょう。まずはサラダ。イカ刺しも併せて。

Dscn8857

パエリアとブイヤベース。

Dscn8858

チキンにエビ、それからジンギスカンもあります。

Dscn8859

パスタはトマトソースとクリームソースの2種類。シェフが、パルメジャーノ・レッチャーノの中へ麺を投入してから、ソースをかけていただきますが、チーズの味はほぼ無しですね。

Dscn8860

蒸し野菜と、魚と野菜のフリット。

Dscn8861

チーズは、国産カマンベールとゴーダ。

Dscn8862

そのほか、殻付ホタテやローストビーフもいただきました。

最後にデザートとコーヒー。

Dscn8863

夜は、かなりひどい雨でしたが、朝方に雨は止んだ模様です。

Dscn8865

朝ごはんは別のレストラン「ようてい」でいただきます。

Dscn8870

これもまた、ビュッフェ。

Dscn8866

スープカレーもありました。

Dscn8868

天気もだいぶ回復してきました。

Dscn8872

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初秋の北海道2012(1)-定山渓温泉 第一寶亭留「翠蝶館」

私の誕生日祝いということで、連れが初秋の北海道旅を計画してくれました。連休に合わせて出かけることにします。まずは、羽田のラウンジでくつろぎます。

Dscn8774_2

Dscn8775_2

新千歳空港に着いて、レンタカーでそのまま真直ぐ定山渓温泉へ。今夜の宿は第一寶亭留グループの「翠蝶館」です。こじんまりとした宿で見つけるのにちょっと苦労しました。

Dscn8776_3

Dscn8777_3

ウェルカムドリンク。

Dscn8778_2

もともとは企業の研修施設だったようですが、きれいにリニューアルされています。

Dscn8785_2

Dscn8786_2

こちらが、スタンダードなお部屋。

Dscn8779_2

手作りチョコレートがウェルカムお菓子としてありました。

Dscn8782_2

食事の前に、ちょっと温泉。スパ&エステが売りの宿なため、男性客が少ないのか、夕方なのに貸切です。

Dscn8787

Dscn8788_3

部屋でちょっとワイン。

Dscn8780_3

さて、夕食の時間です。館内のレストランでいただきます。

Dscn8793_2

Dscn8800_2

今夜のメニュー。

Dscn8790_2

全体に中華風なので、紹興酒をいただきます。

Dscn8795_2

まずは、アミューズ。

Dscn8792_2

前菜の盛り合わせ。

Dscn8794_3

冷たいアスパラのスープ。

Dscn8796_2

あたたかいものは、エビのパン粉焼きとローストポーク。

Dscn8797

五穀米と金針菜の入った中華スープ。

Dscn8798_2

デザートと中国茶で締めになります。

Dscn8799_2

食後は酸素バーでリラックス。

Dscn8801

隣にはくつろぎのソファーもあります。

Dscn8803

さて、一夜明けると陽が出ています。天気予報は雨だっただけに、うれしい誤算です。まずは、朝風呂へ。

Dscn8809

Dscn8810

ラウンジでちょっと休憩。

Dscn8811

Dscn8813

朝ごはんも昨日の夕食と同じレストラン。結構奥に広がっていました。

Dscn8823

りんご酢、オレンジ・ジュースとミルク。

Dscn8814

今日の朝食は、自分でサンドイッチを作って楽しもうという趣向です

Dscn8819

パンにはさむ具材は事前に予約しておきます。私はチーズ、生ハムに蒸し鶏。

Dscn8820

連れはスモーク・サーモン、エビとアボガド、ツナ・サラダを選びました。

Dscn8822_2

玉ねぎスライス、トマト、ピクルスと合わせて、切込みの入ったパンにはさみます。

Dscn8821

ソースとしてタマゴ・マヨネーズ、レモン味のスタッフ、サウザン・ドレッシングも。

Dscn8815_3

暖かいものとして、タマゴとソーセージ、それからサラダとデザートのコラーゲン・ゼリーも出てきました。

Dscn8816

Dscn8817

朝食について、いろいろと説明していただいた男性スタッフの方が、「フェニックス洞爺クラブ」でいつもサーブをしてくれるメートルの方とよく似ていたので、転職されたのかと思ったら人違い。でも、こちらの男性スタッフの方も「フェニックス洞爺クラブ」にお客として宿泊されたことがあるらしく、その時には「自分に似た方がいるなー」と感じられたとのことでした。不思議な偶然ですね。「翠蝶館」の食事は残念ながら、シェフ自ら手作りしたものは少なそうですが、新しい趣向で面白い朝ごはんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.28

初夏の北海道2011おまけ-洞爺湖「水の駅」の野菜

洞爺湖畔の「水の駅」には近所の農家から新鮮な野菜が持ち込まれます。東京のスーパーの野菜とは違って、すごく力を感じる味です。で、いくつか野菜を買ってきました。

ホワイトアスパラ。これだけ太いのは、この季節、なかなか無いようです。

Hokkaido_143

茹でてみました。

Hokkaido_148

玉子も添えて。

Hokkaido_155

こちらは、紫のアスパラ。たしか、茹でると緑になったはず。

Hokkaido_144

アイスプラント。

Hokkaido_150

一緒に買ってきた、からし菜とルッコラも加えてサラダ。

Hokkaido_149

こちらは、パルミジャーノとバルサミコのソースで。

Hokkaido_157

ロマネスコ。ブロッコロ・ロマネスコ(ローマのブロッコリー)からきている呼び名ですが、カリフラワーの仲間です。

Hokkaido_151

どの野菜も、しっかり、味の主張をしていて美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.26

初夏の北海道2011(6)-大通り公園散歩と「アジャンタ(千歳)」で薬膳スープカレー

今日もいい天気です。部屋からみえる道庁にも日光がさんさんと降り注いでいます。

Hokkaido_132

チェックアウト前に、ちょっと、大通り公園まで散歩にでかけます。公園では、花フェスタが開催されていました。

Hokkaido_134

Hokkaido_135

それと一緒に、震災復活応援フェアーもやっています。たくさんのお店があったのですが、食事は11時からとのこと。ちょっと早すぎて食べることができませんでした。残念。結構リアルで不気味な“イカ羊羹”。

Hokkaido_136

お昼は、千歳の「アジャンタ」で薬膳スープカレーにします。

Hokkaido_137

こちらのカレーは、決してピリピリ辛いわけではないのですが、食べている途中で毛穴が開いてきて、気がつくと大汗になっています。微妙な薬のかおりが、お気に入りです。席は殆ど埋まっていて、最後の小上がり席につくことができました。

Hokkaido_138

10分ほど待ってカレーの到着です。こちらは、鶏キノコ、スープ大盛り。

Hokkaido_139

ご飯は、少なめでお願いしています。

Hokkaido_140

こちらは、ポーク、スープ大盛りとご飯少なめ。豚の角煮がゴロゴロ入っています。

Hokkaido_141

全部食べ終わったときには、汗が滴り落ちていましたが、数分後にはすっかり引いてしまうのが、不思議なものです。

本当はこの後に、イオン(ポスフール千歳から名称変更)で買物をしていくつもりでしたが、時間切れ。仕方なく真っ直ぐレンタカー屋へと向かいます。前回も、買物の時間を十分にとることができませんでした。札幌から千歳は、車が混むので、北海道としては思ったより移動に時間がかかってしまいます。次からはもっと余裕を持って、札幌を出発することにしなければ!

懐かしい鶴丸マークのロゴに変わったJALに乗って東京へと戻ります。

Hokkaido_127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.25

初夏の北海道2011(5)-「グレイスリー札幌」+「海道」+「Day’s kitchen 創-sou-」

念願の地球岬をあとにして、今回は札幌市内で宿泊です。ご主人の転勤で札幌に住んでいる連れの友人と会うことになっていましたが、途中渋滞に巻き込まれて大幅遅刻。とりあえず車を置くために、ホテルにチェックイン。今夜のホテルは最近できたばかりの「グレイスリー札幌」。ワシントンホテルと同じ藤田観光のホテルです。最近、札幌にはこのようなおしゃれな造りのビジネスホテルが増殖中です。

Hokkaido_125

Hokkaido_126

Hokkaido_129_2

Hokkaido_130

30分遅らせた待ち合わせ時刻に、さらに10分ほど遅れて、やっと友人に会うことができました。女将さんのやっているディープな小料理屋さんに電話をしてみましたが、いい魚が入っていないからきてもらっても困ると言われてしまったため、友人曰く普通の北海道料理屋さん、「北の幸 海道」で食事をしました。こちらも、カウンター席以外は満席。この時期の札幌は、やはり混み合っています。私は日本酒で結構いい気分でしたが、店が閉まるのが早かったため、もう1件、「Day’s kitchen –sou-」に行くことにしました。すぐ近くで驚きです。東京から戻っていらしたシェフが2010年4月にオープンされたフレンチ惣菜とワインのお店です。こちらも結構混んでいましたが、テーブル席が1つだけ空いていたのでこちらへ。食事は食べてきたことを伝えると、気さくなオーナシェフが、ワインに合う軽いなおつまみを持ってきてくださいました。森の香りのするワインをお願いしたところ、おすすめされたのがグラーブの1本。チーズを追加して、私だけオー・メドックを1杯追加。

Hokkaido_131_4

いい気分でホテルへ戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の北海道2011(4)-道の駅「あぷた」のウニ丼と地球岬リベンジ

今日は、積丹半島を尋ねる予定でした。目的は、この季節、もちろんウニです。前に行って連れが感動した「勝栄鮨」さんに、一応ウニが入っているかどうか確認の電話を入れてみたところ、前の日までのシケでウニが入っていないということです。連れの顔がみるみる暗くなっていきます。ウニのない積丹半島にいっても仕方が無いということになり、急遽予定変更して、室蘭の地球岬へ向かうことにしました。途中には、道の駅「あぷた」があり、ここは、お隣りの小川商店で加工されたウニが売り物となっていたはずです。

まずは、羊蹄山にごあいさつをかねて、京極町ふんすい公園へむかいます。今日は、羊蹄山、全体をはっきりと見せてくれました。

Hokkaido_101

ふんすい公園のまわりは、水の影響か、まわりより温度が低く感じます。

Hokkaido_102_2

宿に置いてあった、京極の水のペットボトルに、生の京極の湧き水を詰めていくことにします。

Hokkaido_104

羊蹄山に別れを告げます。

Hokkaido_107

道の駅「あぷた」に到着です。

Hokkaido_108

前に来たときには、冷蔵庫にたくさんあったウニが一つもありません。不安になって聞いてみたところ、レストランで食べるぶんはあるそうです。なので、早速名物ウニ丼をいただきます。ウニ2枚の豪華版をいただくことにしました。汁物にはベビーホタテがたくさん入っています。

Hokkaido_110

それと、名物ぐるぐるソーセージとホタテの串焼。焼きたてをいただきます。

Hokkaido_111

こちらには、もちろんビール。地ビールを店で購入して、持ち込むのがルールです。

Hokkaido_109

前に2度チャレンジしたときには、嵐に阻まれて、何も見ることのできなかった地球岬。今日は天気が良いので、今回こそはとの思いを胸に、白鳥大橋を通って目的地へ向かいます。

Hokkaido_112

Hokkaido_114

地球岬。ついに晴れている地球岬に遭遇です。水平線が円弧を描いて見えることから地球岬の名が付けられた(ということでは無いみたいです)。

Hokkaido_116

Hokkaido_119

スピーカーからは地球岬の歌が延々と繰り返し流れています。えりも岬では森進一の歌が流れていました。えりも岬の歌は結構有名ですが、地球岬の歌ははじめて聞きました。あまりに繰り返し流れるので、連れはすっかり覚えてしまったようです。

近くの奇岩の名所も合わせて(地名は忘れていまいました)。

Hokkaido_121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の北海道2011(3)-「フェニックス洞爺クラブ」の朝食

今日も、気持ちの良い朝です。

Hokkaido_074

朝の散歩にでかけます。

Hokkaido_075

Hokkaido_078

Hokkaido_080

Hokkaido_082

いつもの仲間たちに朝のごあいさつ。

Hokkaido_084

Hokkaido_085

散歩で丁度、お腹もすきました。お待ちかねの朝御飯です。まずは、サラダ。洞爺の無農薬野菜をつかうことになったそうです。前は必ずあった、シェフ手作りハムとトマトは、今回は無し。

Hokkaido_090

シンシアのポタージュ。連れが、プリンスホテルのスープの味だと言っています。

Hokkaido_092

パンとプレザーブド。手作りのミルク・ジャムがなくなっていて、ちょっと残念。代わりはキウィのジャムです。

Hokkaido_093

Hokkaido_091

卵料理は、温玉。きのこのリゾットの上に乗っています。

Hokkaido_094

Hokkaido_095

Hokkaido_097

今回の宿泊では、オーベルジュのシェフ交代は、宿の印象にかなり大きな影響をあたえることと、それでも、ホールやレセプション、それから清掃の方まで含めたスタッフの方々が伝えるエネルギーが宿の一貫性を保つのに大きく貢献することを感じることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

初夏の北海道2011(2)-「フェニックス洞爺クラブ」の夕食

今夜の宿は、またも、お気に入りの「フェニックス洞爺クラブ」です。去年の秋に訪ねて以来なので、約8カ月ぶりということになります。途中、予想に反して、急激に天気が回復してきました。

Hokkaido_044

期待していなかった、羊蹄山も顔をのぞかせてくれています。

Hokkaido_048

洞爺湖に到着です。

Hokkaido_050

Hokkaido_054

Hokkaido_052

洞爺湖から宿までは、ほんの1-2分です。エントランスを入るといつものメンバーの方々が、次々と顔を出していだきました。すっかりいい天気になって、部屋からいつもの洞爺湖が見えています。

Hokkaido_055

夕食を待つ間、ベランダで、少しだけ喉を潤します。

Hokkaido_056

Hokkaido_058

さあ、楽しみの夕食の時間です。メートルの細井さんが、いつもの笑顔で迎えてくれています。

Hokkaido_061

ワイン・リストを見ていると、今夜はスペシャルな赤を用意していただいているとのことです。が、楽しみはあとに取っておいて、まずは、白をいただきます。

Hokkaido_066

グラスも新しくされたようです。

Hokkaido_062

さて今日のメニューは・・なんだかこれまでとは、ずいぶんと趣向の異なったメニューとなっています。アミューズは無し(席にさしてあったグリッシーニがアミューズがわり?)で、前菜から。バーニャカウダです。しょっつるなどの発酵調味料を混ぜたバーニャカウダソースだそうです。

Hokkaido_064

二品目は、グリーンのパスタ。

Hokkaido_065

どうも、なんだかおかしいなと思っていたところ、昨年までいらした斉藤シェフがやめられて、別のイタリアンのシェフに変わったとのことです。もともと、プリンス系のホテルで働いていらしたシェフだそうです。

やっと夕暮れの時間です。

Hokkaido_067

魚のメインはマコガレイの天ぷら!? 五香粉のようなにおいのする塩をつけていただきます。

Hokkaido_068

そろそろ、赤をいただきます。まだワインリストには載っていないもので、漫画「神の雫」に登場したワインだそうです。

Hokkaido_069

メインは、羊。そろそろ終に近づいてきたホワイトアスパラを共に。

Hokkaido_070

連れが食べているものと、なんだか感じが違うなと思っていたところ、火の入り方が全然違っていました。一つはかなり火が入ってしまった状態、もうひとつはまだしっかり赤い部分が残った状態の皿となっていました。並べてみました(食べかけで、汚くてすみません)・・・

Hokkaido_071

デザート1。

Hokkaido_072

デザート2。こちらは、いつものように部屋へ持ち帰りです。

Hokkaido_073

今回、シェフが変わられて、ずいぶんと料理の感じは変わっていました。前はいつも、食べられないほどのポーションの、それもかなり手の込んだ料理が出ていましたが、今回は、かなり少なめ+短時間調理。後で精算してわかったのですが、ワインの値付けも、前より高めの設定となってしまっています(ワインに関しては近くのマッカリーナや、先日の西麻布のランス・ヤナギダテの方がリーズナブルかもしれません)。なので、昨年までみたいな、この宿の圧倒的なコスト・パフォーマンスの良さは残念ながら失われてしまったように感じます。

が、ホール担当の方々のあたたかいサービスは、そのままです。居心地がいいことを幸いに、ずいぶん遅くまで話し込んでしまいました。このまま、良い雰囲気がずっと保たれることを祈っています。

------------------------------------

過去の「フェニックス洞爺クラブ」の夕食関連記事です。ずいぶんと何度もお世話になっています。料理の変遷もわかります。なんだか懐かしく思い出されます。

2010年9月

2010年7月

2010年6月

2009年10月(2)

2009年10月(1)

2009年7月

2008年8月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧