2013.04.27

南米初体験(11)-ロング・フライト*4

イグアスの滝体験の後は、ただひたすら休みなく日本へ向けて飛行機を乗り継ぎます。まずは、イグアスからブエノスアイレスへ。

Dscn0811

Dscn0810

ブエノスアイレス国内線空港到着。

Dscn0813

国際線空港へとバスで向かいます。ラプラタ川。
Dscn0816

Dscn0817

Dscn0818

Dscn0822

ブエノスアイレス国際線空港ラウンジ。
Dscn0826

ルイ・ロデレールのLAN特性シャンパンがありました。
Dscn0825_2

Dscn0828

ブエノスアイレスからリマ
へ。中庭のあるラウンジへ戻ってきました。今度は夜です。
Dscn0831

リマからLAへ。夜が明けてきます。
Dscn0837

Dscn0843

数日まえに通ったLA空港が懐かしく感じます。
Dscn0846

ラウンジで、結構いい気分になって、最後のフライトLAから成田です。
Dscn0861
JALのおもてなしと、機内食ですっかりなごみます。
Dscn0847

Dscn0849

Dscn0850

Dscn0851

Dscn0852

Dscn0854

食事が終わると、すっかり気を失ってしまい、気が付いたらもう成田までもうすぐです。特製カレーを食べたかったのに、残念。連れはしっかりお茶漬けを食べたそうです。無理を言ってアイスクリームだけいただきます。
Dscn0857

快適な飛行機を眠って過ごしてしまって、もったいないような感じでした。私が眠っている間に、連れがしっかりお土産を買っておいてくれました。よかったぁ。さぁ、成田まで無事に戻ってきました。
Dscn0858_2

初の南米体験。たくさんの飛行機と空港カウンターと空港ラウンジにお世話になりました。短い期間に、たくさんの場所が詰め込まれていたので、けっこうハードな旅でしたが、終わってみると良い思い出になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.26

南米初体験(10)-迫力のイグアスの滝-アルゼンチン側

イグアスの朝食ビュッフェは、パンが充実です。
Dscn0728

Dscn0729

Dscn0730

今日もいい天気です。
Dscn0731_2

また、国境の川を越えてアルゼンチンへ。
Dscn0732

こちら側はトロッコ列車で滝へと向かいます。
Dscn0742

Dscn0743

Dscn0805

川の上を横切りながら滝へ。
Dscn0783

Dscn0782

Dscn0781

悪魔の喉笛に着きました。
Dscn0756

Dscn0758

Dscn0761

Dscn0767

Dscn0776

かわいいアナグマにも遭遇。
Dscn0788

Dscn0793

少し離れても、結構な迫力の滝です。
Dscn0800

Dscn0802

Dscn0804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.25

南米初体験(9)-迫力のイグアスの滝-ブラジル側

今回の旅の最後の目玉、イグアスに向かいます。イグアス空港に到着。

Dscn0612
まずは、アルゼンチン・ブラジル・パラグアイの3か国の国境の川へ。今立っているのがアルゼンチン。川の向こう左側がブラジル、右側がパラグアイです。
Dscn0616

Dscn0620

バスで国境を超えて、ブラジルへ。滝に行く前に、腹ごしらえです。
Dscn0633

大きなテントのようなレストランです。
Dscn0632

Dscn0623

料理はもちろん、シュラスコ。
Dscn0629

Dscn0630_2

お肉に合わせてビールも楽しみます。
Dscn0626

ビュッフェなので、サラダも。
Dscn0625

よく、置物やポスターで見かける鳥の本物がいました。
Dscn0642

Dscn0647_2

いよいよ滝へと向かいます。滝の場所は国立公園になっています。
Dscn0648

中へ入るとすぐに、迫力のある滝がお出迎え。
Dscn0652

Dscn0657

大きな滝がいくつもいくつもあって、驚きです。
Dscn0661

Dscn0668

Dscn0676_2

Dscn0678

Dscn0683

Dscn0686_3

Dscn0691_2

ちょっと、休憩にします。
Dscn0694

Dscn0696

Dscn0699_2

やがて、月も登ってきました。
Dscn0708_2

今日のホテルは、かなり古めなリゾートホテルです。
Dscn0724

Dscn0721_2

夕食。
Dscn0715

Dscn0713

Dscn0714

Dscn0716

Dscn0717

部屋の前の暖炉スペースで、ちょっとくつろぎます。
Dscn0726

Dscn0725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.24

南米初体験(8)-ブエノスアイレス立ち寄り

山間の村ウルバンバの夜が明けます。
Dscn0544

今日は、ペルーからアルゼンチン、ブエノスアイレスへと向かいます。空港のラウンジでちょっと休憩。
Dscn0545

リマのラウンジには中庭があって気持ちよく過ごせます。
Dscn0548

Dscn0547_2

LAN航空のミールは、相変わらずチキンとパスタ・・
Dscn0550

Dscn0549_3


ブエノスアイレス到着です。
Dscn0552

すっかり、夜になっています。
Dscn0553
今夜のホテルは、大通りに面した、ちょっと古めかしいホテルです。
Dscn0586

Dscn0565
エレベーターの外側のドアは、普通の扉のような手動開閉。
Dscn0583
夕食はホテルのダイニング。乗りのいいお兄さんは、この国の人柄でしょうか?
Dscn0571

Dscn0568
せっかくのアルゼンチンなので、マルベックをお願いします。
Dscn0574

Dscn0570

Dscn0569
前菜はお肉のパイ包み。ちょっと喉つまり系です。Dscn0575
メインはやっぱりお肉。シュラスコに似た感じです。Dscn0576
あまーい、デザート。
Dscn0578

ホテルの部屋にはビデがあって、ヨーロッパな感じです。
Dscn0582


Dscn0595

ちょっとだけ、街の散策に出かけます。
Dscn0587
遅い時間でも、タンゴ・ショーが盛り上がっているようです。
Dscn0590

Dscn0592

朝早く、空港へ向かいます。大きなラプラタ川に朝日が昇ります。
Dscn0600

Dscn0601

Dscn0605

Dscn0606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.23

南米初体験(7)-マチュピチュ満喫

ペルー・レイルに乗ってマチュピチュへと向かいます。山小屋風の駅が見えてきました。
Dscn0398

Dscn0400

結構たくさんの人が出発を待っています。

Dscn0401

そうこうしているうちに列車は間もなく出発です。

Dscn0399

天井はビューウィンドウになっていて、雪山が見えています。

Dscn0407

Dscn0414

ちょっとしたお菓子とコーヒーのサービス。

Dscn0416

Dscn0541

マチュピチュの下の村に到着です。

Dscn0421

村の中には、犬はたくさん見かけますが、なぜだか猫はいません。

Dscn0423

Dscn0425


ここからは、専用バスに乗って、天上の遺跡、マチュピチュへと向かいます。公園内に入るともう絶景。

Dscn0429_3

Dscn0430

丘を登ると、でました、テレビや絵葉書で何度も見た景色です。

Dscn0435

まるでおもちゃの遺跡を眺めているようです。

Dscn0436

Dscn0445

Dscn0446_2

観光客もおもちゃの人形みたい。

Dscn0448

Dscn0449

中央広場。

Dscn0451

ガイドのセルジオさんいわく、マチュピチュは上の建物よりも雨が降っても崩れない、この段々畑がすばらしいとか。

Dscn0460

Dscn0450

Dscn0452

下の方に降りて行ってみます。

Dscn0471

Dscn0475

Dscn0477

リャマがいました。もちろん野生・・なわけはなくて、ここで飼育されているやつです。本来はもっと高地にいるようです。
Dscn0479

向こうには、若い峰、ワイナピチュがみえています。
Dscn0481
ちなみにマチュピチュは、老いた峰という意味だそうです。

こちらは、コンドルの神殿。見立ての下手な私には、どこがコンドルなのかよくわかりませんが・・
Dscn0486

王様の寝殿。他のところよりも石組みが丁寧です。
Dscn0487

Dscn0490
こちらは、王様専用のトイレだそうで。
Dscn0493



午前の散策はとりあえず終了。近くのホテルでビュッフェのお昼です。
Dscn0498_2

Dscn0499

Dscn0500

午後は、自由散策。なので、ちょっとインカ道を散歩してみます。
Dscn0501


Dscn0504

けっこう真直ぐな上り坂が続きます。2千400メートルの高さが、ここにきて効いてきます。遺跡がだいぶ遠くに見えています。
Dscn0505

太陽の門に到着です。
Dscn0506_2

Dscn0507

遺跡はさらに遠くになりました。
Dscn0512_2

Dscn0514

Dscn0516_2

もどってくるとだいぶ日が傾いてきました。
Dscn0519
たくさんいた観光客もすっかりいなくなって、静かな遺跡です。
Dscn0520_2

いい汗をかいたので、下の村で温泉に入ることにします。この村、数年前までアグエス・カリエンテス(スペイン語で熱い湯・温泉という意味)と呼ばれていたそうです。
Dscn0522

まるで、日本の山の中の温泉にむかう道のようです。
Dscn0526
これが、めざす温泉。まるでプールです。
Dscn0533
中央の浴槽には、たくさんの人がはいっていて、肌と肌が触れ合わんばかりですが、勇気を出して入ってみました。他の浴槽よりも暖かめで、ここだけが混む理由がわかったような気がします。

今日は、たくさん歩いて、温泉にも入ってクタクタです。ホテルでの食事もおいしく感じます。
Dscn0537

Dscn0539

Dscn0540

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.22

南米初体験(6)-クスコ市街散策と谷間の村ウルバンバ滞在

海抜0メートルのリマ空港から、3千600メートルのクスコの空港へと向かいます。ほとんど下降することなく、空港到着です。

Dscn0294

外に出ると、とたんに呼吸が苦しくなります。なんだか操り人形にでもなったみたいに、ぎこちなく、ゆっくりと歩きます。事前にダイヤモックスという、高山病の予防薬を服用してきましたが、効果はいかに??連れは私と違って、まったく平気そうに空港内を歩き回っています。光が体に突き刺さり、雲はすごく低いところを漂っているように感じます。

Dscn0298

クスコ市街観光。まずは太陽の神殿。下の黒い壁の部分がインカ文明の時に作られたもの。度重なる地震でも全く壊れないそうです。その上にスペイン人が教会を作っています。こちらは地震で2度倒壊。また、作り直されたものです。

Dscn0301

インカ文明の部分は、非常に精密な石積みのため地震でもびくともしないようです。

Dscn0307_2

Dscn0314

中庭から見える青空は、どこまでも透き通っています。

Dscn0323

インカ帝国からはたくさんの金も獲れたそうで、スペイン人がやってきた当時、内部は黄金で覆われていたとか。

Dscn0333

気持ちのいい風が吹いてきます。

Dscn0335

Dscn0338

Dscn0341

中央のアルマス広場では、月も見えています。

Dscn0346

路地にもインカの石組みが残っています。

Dscn0349

Dscn0351

市街は盆地のようになっていて、今夜の宿泊ホテルへ向かうためには、さらに高いところを超えていきます。そろそろ夕刻です。

Dscn0356

Dscn0358

驚くべきことに(?)子供たちは、普通にサッカーに興じています。

Dscn0361

クスコの街も夕闇に沈んでいきます。

Dscn0368

富士山よりも高い3千800メートルの峠を越えて、今夜の宿、クスコよりも少し低い2千800メートルの高さのウルバンバにあるリゾートホテルに到着です。明らかにクスコにいるときよりも空気は濃い感じです。

Dscn0384_2

Dscn0388

Dscn0381

山の合間の谷での簡単な夕食です。高地のため、お酒も控えています。

Dscn0376

Dscn0377

Dscn0379

部屋に戻る途中にビリヤードがあったので、ちょっと遊んでいきます。

Dscn0386

谷間の夜明けは、ひんやりとしています。

Dscn0393

Dscn0395_2

Dscn0392

かるい朝食。

Dscn0391

Dscn0390

Dscn0389

それでは、マチュピチュへむけて出発です。

Dscn0397

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.04.21

南米初体験(5)- リマ市街散策

夜のリマ市内は、けっこう人でごった返しています。

Dscn0248

今夜の夕食は中華。簡単なビュッフェです。

Dscn0250

Dscn0252

次の朝もリマ市内は濃い霧。リマは雨は降らないけれど、霧に覆われることはしょっちゅうだそうです。旧市街に入ってくるとヨーロッパ風の建物が目立ってきます。

Dscn0258

Dscn0263

衛兵の交代も西洋風。

Dscn0265

Dscn0271_2

裏の方も街並み。カフェでくつろいでいる人も。

Dscn0272_2

Dscn0276

教会ではちょうどミサの真最中でした。

Dscn0281

これから3千メートルの高地、クスコへと向かおうとしたのですが、予約の飛行機がキャンセル。仕方がないので、航空会社が用意したミール・バウチャーでファスト・フードのお昼。

Dscn0282

次の飛行機の出発まで微妙な時間なので、テイクアウトして待合室へ。まずは、マック。マックはどこで食べてもマックです。

Dscn0288

機内では黄色いインカ・コーラをいただいて、残りのサンドイッチ。フレンチ・フライも一緒に。

Dscn0289

Dscn0292

Dscn0291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南米初体験(4)- ナスカの地上絵

今日は、南米観光の目玉ひとつめ、ナスカの地上絵見学です。ピスコの空港まで300キロ。バスで片道4時間の長距離移動です。
Dscn0167

が、あたりは濃い霧に覆われていて、ちょっと不安です。

Dscn0164

リマの街を出ると、周りは砂漠地帯。そこに不法占拠の家が立ち並んでいます。

Dscn0165

Dscn0170

昼近くになって、だいぶ晴れてきました。

Dscn0187

海岸線のお店で、昼食です。

Dscn0188

Dscn0180

テーブルにはなんだか真っ黒なものが置いてあります。濃い紫色のトウモロコシだそうです。ジュースもこれ。連れは結構、気にった模様。

Dscn0182

私は、無難にビール。

Dscn0183

食事は、豆のスープと、チキン。連れは、付け合せのトウモロコシのすり流し(ポレンタ)がおいしいと言っています。

Dscn0184

Dscn0185

デザートにまたこの色の食べ物が・・

Dscn0186

柔らかいおもちのような感じです・・・

さて、いよいよピスコの空港へ。

Dscn0189_2

一応、これでも国際空港だそうで驚きです。今日の午前中は霧のためリマの空港へ着陸できない飛行機が、たくさんこの空港にいたんだとか・・

Dscn0190_2
このセスナで出発です。

Dscn0191

なかなかとびたたないと思ったら、軍用機の着陸まちでした。

Dscn0197_2

滑走路に入ったと思ったらすぐに、もう上空です。

Dscn0199

Dscn0202

30分ほど、砂漠の中を飛んでいきます。

Dscn0207

いよいよ地上絵が見えてきました。

Dscn0208_2

こちらは、宇宙人。

Dscn0209

もう少しよってみると。

Dscn0210a

こちらはハチドリ。

Dscn0212

クモ。

Dscn0214

大きなフラミンゴ。

Dscn0215

四角と丸の模様。

Dscn0216

地上絵に近づくために、セスナは急旋回を繰り返します。肉眼とカメラを行ったり来たりしていると、だんだん気分が悪くなりそうになってきます。というあたりで、地上絵見学は終了。また、ピスコへと戻ります。

Dscn0217

証明書もいただけました。

Dscn0874

Dscn0885

Dscn0883

近くの街の夕方は賑わっています。

Dscn0218

Dscn0176

ただし、家は結構ボロボロです。雨も降らないので、このまま住んでいるそうです。

Dscn0220

また、砂漠を通ってリマへ向かいます。

Dscn0221

Dscn0224

Dscn0235

Dscn0244

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.20

南米初体験(3)- ペルーの首都リマ到着

リマへはLAN航空で。初体験のLANです。

Dscn0145

機内食は、ザ・エコノミー。チキンorパスタ。

Dscn0147

Dscn0146

LA・リマ間、結構時間がかかります。8時間以上のフライトです。なので、2度目の食事も出たりします。

Dscn0148

リマの空港に到着です。南米初上陸です。

Dscn0149

民族衣装を着た家族も見かけます。

Dscn0152

外は、すっかり夜です。

Dscn0154

そのままホテルへと向かいます。

Dscn0157

Dscn0156

まずまずの部屋です。

Dscn0158

ペルーではインカ・コーラという、黄色い炭酸の飲み物が人気だそうです。

Dscn0160

朝食は、相変わらずのビュッフェ。

Dscn0161

Dscn01611

ペルーのコーヒーは、超ストロング。お湯で割って飲むんだとか??

Dscn01612_2

外は、ちょっと霧がかかっています。

Dscn01601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.19

南米初体験(2)- 南米の前にLA立ち寄り

日本からペルーへは直通便がないので、いったんLAに立ち寄りです。午前着なので、そのまま午後便という手もあるようなのですが、今回はLAで一泊のスケジュールです。20数年ぶりのLAです。
Dscn0063

Dscn0064_2

まずは、チャイナタウンでお昼ごはん。

Dscn0069

Dscn0079

地元の人向けの味だそうで、こんな感じです。

Dscn0072

Dscn0073

Dscn0071

午後は、LA観光です。まずは、観光名所のチャイニーズ・シアターへ。

Dscn0084

Dscn0081

Dscn0083

コスプレの方々は、カメラを向けると背を向けます。お金を払った場合のみ、こちらを向いてくれるようです・・

Dscn0085

Dscn0086

最近、ゴジラが仲間入りした模様。

Dscn0088

お約束の。

Dscn0093

子供たちも気持ちよさそうに遊んでいます。

Dscn0096

車窓から眺めるビバリーヒルズ。

Dscn0099

マリリン・モンローのお宅だそうで。

Dscn0097

こちらは、ロデオ・ドライブ。ブランド店が軒を連ねます。

Dscn0101

映画マイ・フェア・レディーで使われたホテル。

Dscn0103

高級車も、たくさん路駐。

Dscn0104

Dscn0107

次は、サンタモニカへ。

Dscn0110

Dscn0112

そして、マリナ・デル・レイ。

Dscn0117

Dscn0115

Dscn0119_2

名所を足早にめぐる、半日観光でした。

ホテルにチェックイン。

Dscn0131

ホリデー・インにしては、結構広めの部屋。

Dscn0120

疲れたので、夕食は部屋食にします。まずは、ビールとワインを近くのAMPMで調達。

Dscn0121

食べ物はお昼の中華から持ち帰ったドギー・バッグ。

Dscn0123

それと、下のレストランで作ってもらったホット・サンド。

Dscn0124

だんだんと食事がさびしくなってきました。

朝ごはんは、ビュッフェ。

Dscn0125

典型的な、アメリカンな朝ごはんです。

Dscn0126

コーヒーに入れるものが、ハーシーズだったり、ヘーゼルナッツだったりで笑えます。

Dscn0129_2

Dscn0130

ちょっと周りを散歩。

Dscn0132

Dscn0133

LA空港へ戻ります。

Dscn0134

ここからはLAN航空の旅です。

Dscn0135

空港内にはOne Worldのラウンジがあります。

Dscn0137

Dscn0138

Dscn0139

機内食は期待薄のため、こちらでしっかり食事。

Dscn0136

Dscn0141

Dscn0142

Dscn0143_2

さあ、いよいよ南米へ向けて出発です。

Dscn0144_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧