2013.06.02

初夏の山陰旅(7)- 鬼太郎仲間がいっぱい

半島から橋を渡ると、そこはすぐに境港です。
Dscn1465

Dscn1466

境港は、もちろん、鬼太郎の街として有名です。水木しげるロードは鬼太郎の仲間と観光客がいっぱいです。
Dscn1482

Dscn1479

Dscn1483


Dscn1478

Dscn1477

Dscn1476

Dscn1467


Dscn1468_2

Dscn1471
マンホールのふたも。
Dscn1469


Dscn1470

神社も。
Dscn1484
目玉おやじも氾濫中です。
Dscn1472

Dscn1485

Dscn1487_2
境港駅も。
Dscn1491

Dscn1490
ちなみにこちらは米子駅。
Dscn1394_2

Dscn1396
タクシーも。
Dscn1492
空港も。
Dscn1501

Dscn1493

最後に空港でお寿司を楽しみます。
Dscn1499_2

Dscn1498_2
が、そのお供のお酒にも・・・・
Dscn1497

神話の旅の最後は、なぜか鬼太郎尽くしでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の山陰旅(6)- 出雲大社へ

ホテルを出て宍道湖畔を西へと進みます。
Dscn1420

途中、一畑電鉄とすれ違います。
Dscn1418

出雲大社の鳥居が見えてきました。
Dscn1422
さあ、いよいよ出雲大社です。
Dscn1427

Dscn1429

まずは拝殿。
Dscn1430_4
そして、こちらが御本殿。
Dscn1432_2

Dscn1437_2
平成の大遷宮で葺き替えられたばかりの桧皮がきれいです。
Dscn1438_2
御本殿の後ろには、また素戔社。
Dscn1439_2
出雲大社の神様はなぜか、正面ではなく西向きだそうなので、こちらのから、またお参り。
Dscn1440_2
神様たちが10月にお集まりになられるときに使われるところ。まるでカプセルホテルのよう。
Dscn1435_2
隣の神楽殿へ。前は、この大きなしめ縄に下から硬貨を投げて、うまく突き刺さるといいご縁があるといわれていましたが、現在はビニールがかぶせられて、コイン投げができなくなっています。
Dscn1443_2
ちょうど結婚式の最中です。
Dscn1442_2


Dscn1447_2

参道では朝早くから蕎麦屋さんが営業中です。
Dscn1451_2


Dscn1449
やはり、出雲そばを忘れてはいけません。
Dscn1450

参道の途中にはかわいい一畑電鉄の大社駅が。
Dscn1452
ちょうど鬼太郎電車が停まっています。
Dscn1426
古い電車に乗ることもできます。
Dscn1423

Dscn1424_2


Dscn1425



今回は素戔嗚尊をおっかけて、須佐神社にも行ってみます。こちらは素戔嗚尊の終焉の地ということです。ここもパワースポットということらしく、参拝者で賑わっています。
Dscn1455

Dscn1454


Dscn1458


神社めぐりの最後は、大国主命のお后の三穂津姫命(ミホツヒメミコト)と子供の事代主神(コトシロヌシノカミ)を祀った美保神社へ。
Dscn1459

Dscn1460
海辺の町の風情が残っています。
Dscn1461
ここまで来たのでやはり灯台は外せません。美保関灯台。
Dscn1462


Dscn1463
灯台はいつもなんだか寂しげです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.01

初夏の山陰旅(5)- 八重垣神社と須賀神社から宍道湖温泉へ

最近縁結びで大人気の八重垣神社に立ち寄ります。
Dscn1399
こちらの神社は、若い女性がたくさんお参り中です。
Dscn1400

Dscn1401

素戔嗚尊(スサノオノミコト)が八岐大蛇を退治した際に、佐久佐女の森の大杉を中心に八重垣に作って稲田姫命を隠したといわれていますが、その大杉がこちら。
Dscn1406

人気の秘密は、稲田姫命が鏡代わりに使っていた(?)という鏡の池。
Dscn1405

この池に紙を浮かべて硬貨を乗せた占いが人気の秘密。早く沈めばご縁はすぐに、なかなかしずまなければ、まだまだ先。近くに沈めば近くにご縁が、遠くに沈めば遠くにご縁。ということだそうです。
Dscn1404

素戔嗚つながりで、須賀神社へ。
Dscn1407
素戔嗚が稲田比売命と共に初めてすんだところ。「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに やえがき作る この八重垣を」という、日本で初めての和歌を唄い、日本初宮となる「須賀宮」が建てられたところだそうです。
Dscn1408
奥の宮があるそうなので、行ってみることにします。
Dscn1409
神々の宿る八雲山にありました。
Dscn1411
大きいのが素戔嗚、次が稲田姫、そして小さいのが子供だそうです。
Dscn1410

神様とたくさん遊んだので、現世に戻ることにします。宍道湖温泉へと向かいます。とりあえず温泉に入った後、街中へと出かけます。
Dscn1412
地元っぽいお店へ。
Dscn1416
カウンターに陣取って、お酒と肴を楽しみます。
Dscn1413


Dscn1414

Dscn1415

夜も更けてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の山陰旅(4)- 倉吉散歩と大山神社探訪

まずは、近くの倉吉の街へ。古い街並みが残されています。
Dscn1318

Dscn1326


Dscn1324
小さな箒を購入。
Dscn1325
酒屋さんにも立ち寄り。造り酒屋さんでした。今年の新酒を購入します。

Dscn1317_2

Dscn1328

Dscn1336

大山方面へ向かいます。途中の有料道路(ただし今は無料)を走っていたら道の駅を発見したので、ちょっと立ち寄り。なんだか海産物がおいしそうです。
Dscn1333

Dscn1335
まずは、岩ガキ。すぐに剥いてくれます。
Dscn1331
横の食堂で、軽く刺身など。超破格値です。
Dscn1339

遠くに大山が見えてきました。
Dscn1343
大山の街に到着です。
Dscn1344

Dscn1345

Dscn1346

Dscn1347
まずは、大山寺へ。
Dscn1349

Dscn1351

Dscn1352


Dscn1356

Dscn1355

そして、大神山神社奥宮へ。
Dscn1357

Dscn1358

Dscn1359
早速お参りです。
Dscn1362
むこうにはご神体の大山が見えています。
Dscn1367
賽の河原です。大山の北壁がよく見えています。
Dscn1379

Dscn1372


Dscn1375

お山を下りて、大神山神社里宮へ行ってみることにします。途中の田んぼの中に突然、モダンな植田正治美術館が見えてきました。
Dscn1387


Dscn1388
ここからは、伯耆富士のそのものの、大山が見えています。
Dscn1389

里宮につきました。冬の間神様はこちらに降りてこられるそうです。
Dscn1393
奥宮に比べるとずいぶんこじんまりとした造りです。
Dscn1391

Dscn1392

大山を満喫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の山陰旅(3)- 「ドードー食堂」でランチ+三朝温泉

山登りでさすがにお腹がすきました。近くの「ドードー食堂」でお昼にします。

Dscn1260

Dscn1262_3

テラス席にします。
Dscn1263
メニューは健康に良さそうなものです。そぼろも豆腐のそぼろです。
Dscn1264

Dscn1266

体にやさしいご飯を食べた後は、三朝温泉へ。すぐ近くのはずです。温泉街の入り口に、雰囲気のある酒屋さんを発見。ちょっと立ち寄って、夜のお酒を仕入れます。
Dscn1267

今夜の宿に到着です。
Dscn1268

Dscn1274

まずは、部屋でのどを潤しましょう。
Dscn1270

まだ時間も早いので、温泉街の散策へ。三徳川わきには公衆浴場が。
Dscn1275

Dscn1276

当然楽しまないわけにはいきません。ただ、お湯はかなり熱めです。連れは足湯のほうへ。
Dscn1279

もう少しぶらぶらします。
Dscn1280

こちらは薬師の湯。足湯ですね。
Dscn1282_2
三朝神社。
Dscn1283
すぐ横には神の湯。飲泉できるようです。
Dscn1284
株湯。いまは足湯ですが、昔は普通の公衆浴場だったようです。
Dscn1286

Dscn1288_2

Dscn1289_3


ホテルに戻ってひとっぷろ浴びたら、夕食前のお愉しみです。
Dscn1290
さて、夕食。結構豪華ですね。
Dscn1292
こちらでも日本酒を。
Dscn1293

夜の街をうろついてみましょう。
Dscn1296
すぐ横の観光商工センターでは、伝統芸能の催しをやってました。
Dscn1300

Dscn1304


これが、三朝温泉のユルキャラのようです。
Dscn1305


ゆっくり寝た後は、これまた豪華な朝ごはん。
Dscn1314

山陰の温泉を楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の山陰旅(2)- 投入堂に挑戦

次は三徳山へ向かうことにします。だいぶ山深くなってきました。緑がきれいです。
Dscn1186

途中で、面白そうな神社があったので、立ち寄り。
Dscn1189

結構な階段です。
Dscn1188

Dscn1193
神社に到着。
Dscn1196
実はこの神社「もうけ神社」といいます。この字だそうです。良い金運をしっかりお祈りです。
Dscn1199

Dscn1202_2


Dscn1206_3

Dscn1210_2



三徳山に到着です。こちらは、山岳仏教の霊場として栄えていたところです。

Dscn1212

Dscn1213
まずは、ふもとにある三佛寺本堂にお参り。
Dscn1214
裏にある管理所で入山料を支払って、投入堂へと向かいます。私のスニーカーはOKでしたが、連れの靴ではX。ということで、昔からの作法に従い、草鞋に履き替えての登山となりました。
Dscn1217_2

Dscn1220
途中は岩場になっていて、鎖を頼りに登っていきます。
Dscn1221

Dscn1222
文殊堂に到着。
Dscn1224

Dscn1226

Dscn1225_3
絶景を眺めがら、ちょっと一休み。
Dscn1237

Dscn1241
さらに上を目指します。鐘楼が見えてきました。
Dscn1245
いよいよゴール近くになってきました。納經堂。
Dscn1246

Dscn1248
投入堂到着です。
Dscn1251
どうやって、この岩場に建物を築いたのでしょうか?宗教の力は偉大ですね。心地よい風が吹いています。
Dscn1252
頑張って下まで降りてくるとかわいらしいお地蔵さまが待っていてくれました。無事に帰ってこれて、何よりでした。
Dscn1259
こちらが、今回連れの山登りを足許から支えてくれた草鞋です。ありがとう。
Dscn1258

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の山陰旅(1)-鳥取砂丘と白兎神社

神話の里として最近ちょっと流行の山陰旅にでます。今回はANA利用。羽田の2タミ。ANAイメージカラーのブルー。
Dscn1146_2

Dscn1149

愛ちゃんもブルー。
Dscn1148

Dscn1151

あっという間に鳥取空港到着です。空は真っ青。
Dscn1152

まずは、鳥取といえばの鳥取砂丘へ。
Dscn1153

Dscn1157

Dscn1156_2
馬の背に向かいます。
Dscn1158


Dscn1166

Dscn1159_2
Dscn1165
子供のころ来た時には、とっても大きかったイメージでしたが、今見ると結構かわいいサイズの砂丘でした。

次に向かうのは白兎神社。もちろん大国主命の神話にちなんだ神社です。
Dscn1167
白ウサギがお出迎えです。
Dscn1168

Dscn1171

神社に到着。白ウサギのご神託によって、大国主命と八上姫がくっついた縁結びの神社です。
Dscn1177

礎石には菊の御紋が。
Dscn1173

神社のすぐ前には白兎海岸。ここでサメに騙された白ウサギを大国主命が助けたことになっていますね。
Dscn1181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.19

広島初上陸(6)-しまなみ海道から鞆の浦へ+「御舟宿いろは」でうずみ御膳

まだ、天気のいいうちに出発します。

Hiroshima_200

最初の橋は、世界一の斜張橋、多々羅大橋です。

Hiroshima_197

Hiroshima_199

ここを超えると愛媛県へ突入します。

Hiroshima_202

ちょっと地味目の大三島橋と伯方大島大橋。

Hiroshima_203

Hiroshima_204

そして、世界初の三連吊橋、来島海峡大橋。全長4キロにもおよぶ橋は、圧巻です。

Hiroshima_206

Hiroshima_210

これでしまなみ海道制覇です。

せっかく四国に来たので、今治城まで行くことにします。

Hiroshima_194

今治のスーパーでも買物をして、天気が悪くなる前に広島側へと戻ります。

飛行機の時間までは、まだ間があるので、鞆の浦まで行ってみることにします。昔から、潮待ちの港として栄えてきたところです。まずは、町家を改装した「御舟宿いろは」の1階でお昼にします。坂本龍馬の海援隊の船、いろは丸が紀州藩の船と衝突事故を起こした際に、賠償交渉を行ったのが鞆の浦ですが、まさにその交渉が行われたのがこの建物「魚屋萬蔵」宅ということです。

Hiroshima_217

老朽化しつつある建物を、街の再生を図っているNPOの方が宮崎駿デザインで改装をした建物だそうです。

Hiroshima_218

Hiroshima_221

まずは、江戸時代からこのあたりで製造販売されていたという健康酒、「保命酒」をひとくち。16種類の生薬が入っているそうです。においは、台湾や東アジアの漢方薬通りのにおいです(わからないか・・)

Hiroshima_220

これは福山鯛うずみ御膳。

Hiroshima_222

この御飯、見た目は白ご飯ですが、その下にいろんなものが隠れています。内容については食べてのお楽しみということ。「うずみ」とは、このあたりで昔から食べられている郷土料理で、具をうずめることから「うずみ」になったそうです。江戸時代に倹約をすすめる藩主に隠れて肉やエビを食べるために考案されたとか。よく似た話を同じ広島の「もぐりずし」で聞いたことがあります。

Hiroshima_225

こちらの御膳は、横にある鯛の昆布じめの刺身をのせていただいてもよし、途中から出し汁をかけていただいてもよしとのことです。

Hiroshima_224

もう一つの御膳、鯛漬御膳には、+300円で鯛のかぶと煮のついた贅沢御膳が用意されているようなので、このうずみ御膳にも鯛のかぶと煮が付けれられるか尋ねたところ、快諾していただきました。これでしっかり、鯛ボリュームアップです。

Hiroshima_223

連れは、キッシュ。手作り感あふれるキッシュです。

Hiroshima_226

鞆のまちを散歩します。鞆のシンボル、常夜灯。

Hiroshima_227

Hiroshima_228

遠くには対潮楼も見えています。

Hiroshima_231

保命酒のにおいが立ち込める古い町並み。

Hiroshima_230

さて、そろそろ空港へと向かう時間です。途中鞆の浦のすぐ近くの「道の駅 アリストぬまくま」と三原市内の「やっさ ふれあいいちば」に立ち寄って野菜と焼き穴子を調達して、帰途につきました。広島県を西から東まで、広範囲にカバーした旅でした。瀬戸内のたくさんの魚をたべて、大満足です。

<おまけ>

厳島神社では杓子を買ってきました。

Hiroshima_235

夕食は、広島と愛媛で買ってきたもの。箸置きも買ってきました。

Hiroshima_236

愛媛県小松島市の魚かつ。

Hiroshima_237

アジの南蛮漬け。

Hiroshima_234

瀬戸内のアナゴ。素焼きとタレで頂きます。頭をつけたまま売っているのが西日本仕様です。

Hiroshima_238

Hiroshima_240

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島初上陸(5)-しまなみ海道を通って生口島へ

宮島からフェリーと広電に乗って、広島駅へと戻ります。ここからは、レンタカーを借りてしまなみ海道を目指します。時間が押してきたので、お昼はスーパーで買った、穴子寿司ととりてんに、冷やし中華で済ませます。ナビに従って2号線を尾道方面へ。尾道城が見えてきました。

Hiroshima_136

なぜかナビの指示する、古い方の尾道大橋を通ります。

Hiroshima_139

向島から因島へ渡る因島大橋。本格的にしまなみ海道に入ってきました。夕日が綺麗です

Hiroshima_143

やじろべえの原理でバランスをとる生口橋。

Hiroshima_147

Hiroshima_150 

今日のしまなみ海道はここまでです。今夜は生口島の、瀬戸田の民宿に宿泊します。

Hiroshima_160

Hiroshima_152

昨日・今日と自転車競技が行われていたようです。生口島は最近、サイクリニストの聖地とも呼ばれているようです。

民宿らしい夕食。

Hiroshima_161

これは鯛の肝だそうです。

Hiroshima_162

たこ天。昔はタコがたくさん捕れることでもことで有名だった生口島ですが、最近はすっかり少なくなってしまったと、宿のおかみが説明してくれました。

Hiroshima_163

ということでお造りはヒラメとマグロ。

Hiroshima_167

おばいけ(さらしクジラ)を使った酢のもの。

Hiroshima_165

アジの南蛮漬け。

Hiroshima_164

胡麻豆腐

Hiroshima_166

メバルの煮つけ。

Hiroshima_172

なぜか、汁物はうどんです。

Hiroshima_171

デザートは、いちじく。このあたりでは人気のある果物だそうです。

Hiroshima_168

朝の散歩に出かけます。

Hiroshima_175

生口神社。

Hiroshima_176

国宝の向上寺三重塔。

Hiroshima_179 

生口島出身の平山郁夫先生の菩提寺法念寺にあるお墓(別人のものかもしれません)

Hiroshima_183

遠くには、いろんな彫刻を集めているので有名な耕三寺もみえています。

Hiroshima_184

瀬戸田港。

Hiroshima_185

昔のメインストリートです。

Hiroshima_187

Hiroshima_188

Hiroshima_190

Hiroshima_191

素人アートも。

Hiroshima_193

Hiroshima_192

散歩の後は朝食。これもいかにも民宿らしい朝ごはんです。

Hiroshima_196

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.18

広島初上陸(4)-弥山再訪

食事を終えて、早々にチェックアウト。もう一度弥山へと向かいます。昨日とは違って、ロープウェイ乗り場からすでに、今日は混み合っています。獅子岩駅に到着です。今日は遠くまで瀬戸内海を見渡すことができます。

Hiroshima_108

ここから弥山登山に出発です。最初は下りが続きます。紅葉谷公園からの道と合流してからは、いよいよ登りです。眺めのよいところに出ました。

Hiroshima_109

Hiroshima_111

更に登って、不消火堂(消えずの霊火堂)。806年から消えることの無い火だそうです。平和記念公園の祈りの火も、もとはこの火です。

Hiroshima_112

中は、煙に覆われていて、長居は無用です。

Hiroshima_113

弥山本堂脇を通って、さらに山頂を目指します。くぐり岩。石が合わさっただけなので、壊れないかと心配になります。

Hiroshima_115

さあ、いよいよ山頂です。巨石がゴロゴロ転がっています。まるで、ストーンサークルのようです。

Hiroshima_119

シャツが汗ビッショリとなりながらの、山頂からの眺めは格別です。

Hiroshima_116

Hiroshima_118

Hiroshima_121

満潮になると水が染み出るという不思議な干満岩。これがその穴です。

Hiroshima_122

やっとロープウェイの獅子岩駅まで戻ってきました。ついでですから、昨日は何も見ることが出来なかった獅子岩へ。今日はしっかりと下を眺められてリベンジ完成です。

Hiroshima_123

シャツを大汗で濡らしたまま、ロープウェイで下山します。

Hiroshima_127

下に降りると、潮が満ちてきています。観光客もあふれていて、朝みた厳島神社とはぜんぜん違う雰囲気です。

Hiroshima_128

Hiroshima_129

観光客であふれかえっている表参道を抜けて、宮島をあとにします。宮島は、やっぱり宿泊して、早朝や夜の静かな雰囲気を楽しむのが良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)